324の製品があります。

用途で絞り込む

[閉じる]

48の製品があります。

[全て閉じる]

アクリライトはメタクリル酸メチルエステルからなる合成樹脂板で、当社の国内向けの登録商標です(国外向けはShinkoliteです)。通称アクリル樹脂と呼ばれ、耐候性、着色性、加工性に優れ、看板やディスプレイ、大型水槽、LCDや照明向け導光板など様々な分野に使用されています。これからもアクリライトはその特性を活かしつつ、難燃グレード、耐衝撃グレードなど新製品開発に取り組み、社会により安全で安心、地球に優しい製品提供を目指し、人々の快適で豊かな生活に貢献していきます。

3つの基礎技術を融合して、
ポリエステルフィルムの新しい未来を切り拓いていきます

厚さ数ミクロンから350ミクロンまで各種のタイプを取り揃え、機械的特性・耐熱性などバランスのとれた特性を示すポリエステルフィルム、ダイアホイルは、世界中のお客様のさまざまな製品に使用され、その用途は日々広がっています。

私たちは、優れた独自の原料技術、長年にわたり培ったフィルム製膜技術、独自のコーティングによる表面処理技術、この3つの技術を融合させて、お客様と共に新たな市場を開拓し、世界のリーディングカンパニーを目指します。

高品質な製品を提供するため、不断の努力・研鑽を重ねていきます

ポリエステルフィルム事業では、ポリマー事業と一体となり、最新の情報と技術を取り入れ、品質の向上、プロセスの改良を行って、お客さまの多様なニーズにお応えしています。
これにより、お客様にご満足を提供し、永く強固な関係を築く努力を続けています。今後も、高品質な製品を提供するための不断の努力・研鑽を重ねていきます。

独自の共押出技術でナイロン・EVOH・ポリオレフィンなどの複数の樹脂を積層することで性能を付与した無延伸多層フィルムです。

ニーズに合わせて、フラットフィルム品と製袋品を用意しています。また、多層フィルムだけでなくナイロン単層のグレードもラインナップしています。

深絞り包装や真空包装の資材として、食品包装分野をはじめとして、医薬・医療品包装や産業資材など幅広い用途で使用されています。

浅井工場ダイアミロン製造部はISO9001およびFSSC22000の認証を得ています。

用途

  • 食品包装用
  • 医療品滅菌ブリスター包装用
  • 輸液・薬液バッグ用
  • 産業資材用

ペットボトルなどを包装するラベル用の収縮フィルムです。ニーズに合わせて各種素材をご用意しています。

OPET、ONYなどのプラスチックフィルムにシリカ蒸着した透明なフィルムです。高いガスバリア性を有し、保香性や耐薬品性に優れ、印刷や製袋といった加工適性も良好です。医薬医療用、工業用、食品包装用など、幅広い用途でお使いいただけます。

強靱性や耐熱性に優れた二軸延伸ナイロンフィルムです。高い酸素バリア性を有する二軸延伸バリアナイロンフィルムもあります。
包装資材の基材として様々な用途に使用されています。

二軸延伸ポリスチレンシートとしては国内で最初に商品化されました。薄肉化すると割れ易くなるポリスチレンに二軸延伸加工を施すことにより、実用強度を付与しています。併せて透明性、熱成形性に優れ、食品包装を中心に広範な用途に使用されています。

  • サントクリア®は米国ソルーシア社の登録商標で、当社が使用許諾を受けています。

レストランなどの飲食店やホテルでご採用いただいています。粘着性やフィルム強度、防曇性が特長のラップフィルムです。ポリオレフィン製と塩化ビニル製があります。

生鮮食品のトレー包装などに使用される業務用ラップフィルムです。優れた光沢性・自己粘着性・自動包装機適性など、安定した品質でお客様のニーズにお応えします。ポリオレフィン製と塩化ビニル製があります。

独自の共押出技術により、ダイ(口金)の内部で複数の樹脂を合流させてから押し出した無延伸共押出フィルムです。

それぞれの樹脂の特性を生かした高機能なフィルムです。

高いバリア性など、ニーズに応じてさまざまな機能をカスタマイズして付与することが可能です。

一次容器としての品質確立を可能としたクリーンな環境下での生産体制を整備しており、輸液・薬液バッグや医療品の滅菌ブリスター包装に使われています。

浅井工場ダイアミロン製造部はISO9001およびFSSC22000の認証を得ています。

この製品のより詳しい情報は専門サイトでご覧いただけます。

用途

  • 医療品滅菌ブリスター包装用
  • 輸液・薬液バッグ用

加熱により収縮し、簡単に被覆加工ができる筒状のプラスチック チューブです。様々な分野で、絶縁・識別表示・保護・改竄防止などの幅広い用途でご使用頂いています。すべての製品はRoHS(Directive 2011/65/EU)に対応しております。また、RoHS(Directive 2015/863/EU)対応品もございます。
各製品の特性やサイズについては関連資料のカタログPDFをダウンロードしてご覧ください。

エコロージュは、植物資源などバイオマス由来のポリ乳酸を主原料としたプラスチックフィルム・シートです。環境配慮型のフィルム・シートとして注目を集め、幅広い用途でご採用いただいています。

Ingeo™およびのロゴは、NatureWorks LLC の登録商標です。

カード用シート

[閉じる]

各種カード向けに硬質塩化ビニルシートやPETGシート、PCシートなど、多彩な素材を品揃えし、お客様のニーズにお応えします。

ポリエーテルイミド樹脂を当社独自の技術を用いて製膜した、耐熱性に優れたエンプラフィルムです。

電子機能材料

[閉じる]

電子機器部品向けに難燃性や絶縁性、機械特性に優れた各種製品をご提供します。

透湿シート

[閉じる]

湿気を通し、水は通さない微多孔質ポリオレフィン系フィルムです。また、各種不織布などと組み合わせた素材もあります。

医薬品包装材料に求められるGMP(Good Manufacturing Practice)の思想の下で製造しているPTP(Press-Though-Pack)用プラスチックシートです。昭和34年厚生省告示第370号、塩ビ食品衛生協議会のJHP規格、ポリオレフィン等衛生協議会のPL規格に適合する他、米国食品医薬品局(FDA)のドラッグマスターファイルに登録されています。
実際に製薬会社で使用される包装機を始めとした各種試験機を有しており材質毎の包装特性など技術フォローを行っております。
製剤の安定性向上だけではなく、使用者(患者・薬剤師など)の目線に立った製品開発にも注力しております。

図:アクリプレン(アクリルフィルム)の写真。

アクリプレンは、当社が1975年以来、当社独自のポリマー設計技術と薄膜成形技術を組み合わせて開発・製造・販売しているアクリル樹脂(PMMA樹脂)のフィルムです。
アクリプレンは、高い透明性、優れた耐候性、熱成形やラミネート加工性というアクリル樹脂の特徴と、紫外線を遮断する機能を備えており、建材、塗装代替、高輝度反射材、光学など幅広い用途に使用されています。
当社ではアクリル樹脂フィルムのパイオニアとして、厚み・幅、軟質から硬質タイプまで豊富なバリエーションを取りそろえています。

モスマイトは蛾の眼(モスアイ)が有する微細な凹凸構造を当社が独自の技術で模倣したバイオミメティック材料です。ナノメートルオーダーの微細凹凸構造で、反射防止効果を実現できます。

住宅の気密化は、室内の空気が外部に漏れるのを防ぎ、同時に外気の侵入を遮断するため、冷暖房効果が大幅に高まり、省エネに効果があります。さらに、室内で発生した水蒸気が断熱材に侵入するのを遮断して内部結露を防ぎ、断熱材の性能確保と木材の腐れを防止することで住宅の耐久性を向上させます。

主役はアクリル樹脂パネルではありません。私どもはその存在を気付かせずに主役である魚や動物または実験装置として可視化できるアクリル樹脂パネルをご提供致します。
アクリル樹脂パネルの加工性と耐久性を活かし、曲面、円筒といった形状の水槽や装置をつくることが可能です。また運搬が不可能となる大きさの場合、現場で特殊な重合接着を行い、継ぎ目を感じさせない大型パネルもできます。日本国内をはじめ世界各国の水族館に採用されています。

OPLフィルム™は液晶ディスプレイ用偏光板向けのPVOHフィルムです。偏光板製造経験を活かした幅広い技術的知見と最適材料を提供します。

ハイセロン™はポリビニルアルコールを原料とした水溶性フィルムです。ヒートシール性や印刷性などの包装材料としての適性にも優れているほか、耐溶剤性、ガスバリア性など様々な特長を持ち、農薬や薬剤包装の他、衛生材料や曲面転写印刷、カツラや刺繍などの基布用途など、幅広い分野で使用されています。

合成紙 ユポ®

[閉じる]

合成紙はその開発の歴史的経緯から、多くは石油から作られる合成樹脂を主原料として製造されていますので、当然プラスチックフィルムに似た特性を持っていますが、外観は木材パルプから作られる一般の“紙”に非常に良く似ており、更には物性も“紙”に似た特性を兼ね備えたものが多くあります。

ユポはフィルム法合成紙であり、主原料はポリプロピレン樹脂で、これに無機充填剤と少量の添加剤を加えたものを原料として、原理的には先に述べた二軸延伸フィルム成形によりミクロボイドを発生させながら成膜されたものです。最も特徴的なのは製品厚さの厚い物から薄い物まで、ベースとなる基層とその両表面に積層された紙状層とで構成され、多層構造になっているということです。この特異的なユポの製造方法は当社独自の技術によるもので、構造と共に、日本をはじめ欧米各国で多数の特許が成立しております。