ファインケミカル事業部は、ピリジンチオール誘導体(工業用防腐・防黴剤)、チオジプロピオネート(酸化防止剤)、メチレンビスフェノール誘導体(酸化防止剤)、BPDA(ポリイミド樹脂原料)、ポリヒドロキシポリオレフィンオリゴマー等の有機化学薬品以外に、シリケート、LED樹脂や各種カールフィッシャー試薬を取り扱っています。

31の製品があります。

[全て閉じる]

ホルムアルデヒド構造式

ホルマリンとは、ホルムアルデヒドの水溶液で、無色透明・刺激臭のある液体です。プラスチックスや樹脂、合成ゴム、塗料等の原料として、また標本の保存液として使用されます。(別名:メチレンオキサイド・メタナール・メチルアルデヒド)

昭和32年よりホルマリン製造を開始した当社が誇る触媒技術により50%の高濃度品をはじめ、ご要望により希釈品など様々な規格のホルマリンをご提供いたします。

低ホルムアルデヒド接着剤には、フェノールホルムアルデヒド樹脂、尿素ホルムアルデヒド樹脂、メラミン尿素ホルムアルデヒド樹脂があり、合板や繊維板の接着材として使用されます。

メタノール(メチルアルコール)は、アルコールの一種で、ホルマリンの原料等、広く使われています。

詳細はお問い合わせください。

硫酸

[閉じる]

硫酸の構造式

硫酸(sulfuric acid)は、無色で酸性の液体です。詳細はお問い合わせください。

塗料・被覆材料の低温硬化性、柔軟性、架橋性、耐擦傷性や耐酸性雨性を向上させる高架橋性アクリレート

CASNo.:
119692-59-0
TSCA:
収載
化審法:
(5)-6751

CASNo.:
23117-36-4
TSCA:
収載
化審法:
(3)-4442

塗料・被覆材料の低温硬化性、柔軟性、耐擦傷性や耐酸性雨性を向上させる、高架橋性アクリレート

CASNo.:
2478-10-6
TSCA:
収載
化審法:
(2)-958

CASNo.:
2873-97-4
TSCA:
収載
化審法:
(2)-1024

特長

  • ダイアセトンアクリルアミドはアクリル酸エステルに類似した共重合性を示し、各種重合方法(塊状、溶液、エマルジョン)で容易に共重合体が得られます。※(1)
  • ダイアセトンアクリルアミドのケトン基はジヒドラジド類(アジピン酸ジヒドラジド)と常温で架橋反応します。
  • ポリダイアセトンアクリルアミドは高吸水性能を有します。※(2)

Bibliography

  1. ※(1)L.E.Coleman et al.,J.Polymer Sci.,Part A,3 1601[1965]
  2. ※(2)Y.Takano.Kobunshi Kako,20,680[1971]

CASNo.:
1071-93-8
TSCA:
収載
化審法:
(2)-865

特長

アジピン酸ジヒドラジド(ADH)はケトン基と非常に早く反応します。
たとえば、ダイアセトンアクリルアミド、または、ホルムアルデヒドのアルデヒド基と容易に反応します。

少量の添加で合成樹脂、合成ゴムの加工性改良及び製品の表面改質に大きな効果を発揮します。

特長

  • 分子内に長鎖脂肪酸基とアミド基を持ち、 熱・化学的に安定な固体界面活性剤
  • 脂肪酸系のワックス類の中で、融点が高い
  • 少量で表面改質(0.1~2.0%添加)
  • 約30種類と銘柄数が豊富
  • 用途にあわせ、形状、粒度分布制御品、 水分散体も対応

taic

ポリマーの架橋工程への添加や共重合により、架橋速度、架橋密度、耐熱性、機械的特性の大幅な向上が可能。従来の架橋剤より効果大。


CASNo.:
1025-15-6
TSCA   :
1025-15-6
EINECS:
213-834-7
化審法:
5-1047
労安法:
5-1047

ダイヤカルナ®は、α-オレフィンと無水マレイン酸の共重合による機能性合成ワックスです。樹脂成型用の滑剤、離型剤、相溶化剤、感熱転写用インクバインダーなどとして幅広く利用されています。
毒物劇物取締法:該当せず
消防法:指定可燃物(可燃性固体類)

トミサイドZPT-100(ビス(2-ピリジルチオ-1-オキシド)亜鉛)は工業用殺菌剤として用いられます。

トミサイドCPT(ビス(2-スルフィドピリジン-1-オラト) 銅)は、工業防腐・防黴剤、 船底塗料・漁網防汚剤等として用いられます。

トミサイドS(2-ピリジルチオ-1-オキシドナトリウム)は、エマルジョン塗料、水溶性切削油、ラッテクス、紙製品等の工業用防腐・防黴剤として用いられます。

DLTP「ヨシトミ」(ジラウリルチオジプロピオネート)は、樹脂添加剤・樹脂用薬剤の硫黄系酸化防止剤です。

DSTP「ヨシトミ」(ジステアリルチオジプロピオネート)は、樹脂添加剤・樹脂用薬剤の硫黄系酸化防止剤です。

DMTP「ヨシトミ」(ジミリスチルチオジプロピオネート)は、樹脂添加剤・樹脂用薬剤として使用される硫黄系酸化防止剤です。

ヨシノックス BBは、樹脂添加剤・樹脂用薬剤として使用されるフェノ-ル系酸化防止剤です。

ヨシノックス 425(2,2'-メチレンビス-(4-エチル-6-t-ブチルフェノール))は、樹脂添加剤・樹脂用薬剤のフェノ-ル系酸化防止剤です。

アクチングSL(有機アミン)は、ゴム用薬品の加硫促進助剤です。

MBTO(モノブチル錫オキサイド)は、塩化ビニール樹脂用安定剤原料及びエステル化及びエステル交換触媒として使用されます。

スタノクト(オクチル酸第一錫)は樹脂添加剤、樹脂用薬剤で、ウレタンフォーム用触媒及びエステル化触媒に使用されます。

トミラックKNは、感熱紙用高耐熱性顕色剤です。

トミラック224は、感熱紙用高耐水性顕色剤です。

トミラック214は、感熱紙用画像安定剤です。

β-アルブチン

[閉じる]

β-アルブチンは、化粧品の美白剤として使用されています。

トミラックBSA(3,5-ジ-t-ブチルサリチル酸)は、トナー用荷電制御剤の原料です。

ポリテールは三菱ケミカルの独自の触媒技術により開発した主鎖にポリオレフィン骨格を有し、末端に水酸基(-OH基)を有する、ポリヒドロキシポリオレフィンオリゴマーです。EPDMなどのポリオレフィン系エラストマーなどに添加することで接着性、柔軟性、滑り性、分散性等を付与することができます。
CAS:No.68954-10-9(T)
化審法:No.6-749
消防法:指定可燃物

BPDA

BPDA(3,3',4,4'-ビフェニルテトラカルボン酸ニ無水物)はスーパーエンジニアリングプラスチックスの一つであるポリイミド樹脂の原料であり、携帯電話、複写機等情報電子分野の多くの製品の重要な部品材料として使用されています。
CAS:No.2420-87-3(T)
EINECS:No.219-342-9
化審法:No.4-833
毒物劇物取締法:該当せず
消防法:該当せず

技術情報

ブランドサイト

アクアミクロン®