2の製品があります。

[全て閉じる]

X線シンチレータスクリーン「DRZ®」

シンチレータはX線などの放射線を可視光に変換する材料で、TFTやCCD、CMOSセンサーなどの光検出器と組み合わせることで、測定物の画像を効率的にデジタルイメージに変換することができます。 三菱ケミカルでは半世紀以上にわたり、X線画像撮影に関する開発・研究に従事しており、その過程で培った、卓越した蛍光体製造技術とコーティング技術により、次々と優れたデジタルX線撮影装置用シンチレータを製品化しています。

蛍光体とは、紫外線や可視光など、外部からの光エネルギーを吸収し、光に変換する材料です。
三菱ケミカルでは、半世紀以上にわたる蛍光体開発・製造経験を持ち、その過程で培った卓越した蛍光体製造技術により、光デバイス(LED・レーザー等)用蛍光体を提供しております。

技術情報