ダイアリード コンポジットは炭素繊維を樹脂で固めた複合材料です。正式名は「炭素繊維強化樹脂複合材(Carbon Fiber Reinforced Plastics)」でCFRPとも呼ばれます。
従来の金属材料やセラミックにはない優れた特性を活かして各種用途に用いられています。

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

特長 機能 比較
軽量・高剛性 低たわみ
高速動作
振動抑制
省スペース
比重は鉄の約1/4、アルミニウムの約2/3。
鉄を上回る高剛性・高強度。
振動を早く減衰することが可能。
高熱伝導 軽量放熱材
不燃性
高温安定性能
銅相当の熱伝導率。
一般的なプラスチック素材と比べ、高い熱伝導を実現。
熱膨張率が低い 寸法安定性
高精度部品
熱寸法安定性が優れている。
複合材の設計により熱膨張係数をゼロにすることも可能。

納品まで

ダイアリード コンポジットはお客様の用途・仕様に合わせた製品を受注生産いたします。

  • 設計サポート
    コンポジットの最適な設計と材料選択により御客様のニーズにお応えします。
  • 試作・量産
    炭素繊維から成形品まで一貫生産体制を持つ世界でもユニークなメーカーです。
    試作から量産品まで見積もり可能です。
  • 価格・品質
    ISOベースの品質管理及び生産体制により高品質で競争力のあるコンポジットを提供いたします。

用途

[閉じる]

航空宇宙

炭素繊維の配合の適正化で、熱膨張係数をコントロールでき、設計によりゼロにすることも可能です。
低熱膨張や軽量性, 高剛性に加えて、繊維方向へのみ「熱伝導」する性質を利用し、放熱板など熱管理も可能になります。

  • 人工衛星

©池下章裕

  • 大型電波望遠鏡 アンテナ構造材

提供:Vertex GmbH.

建築土木

軽量・高剛性・耐食性の特性を活かし、建造物の耐震補強や補修に活用されています。

  • 橋脚補強
  • 床版補強

自動車・車両

  • プロペラシャフト
    ダイアリードの特性である軽量化と高剛性により、危険回転数の向上が達成できます。
    また、ジョイントの省略や細径化が可能です。
  • C/C材(炭素/炭素繊維複合材)
    高温下でも優れた強度・耐摩耗性は、レーシングカーから航空機まで幅広い分野のブレーキ材に使用されています。

A courtesy of Moriwaki Engineering Co., Ltd.

産業機材

  • 高性能カーボンロール
    フレが少なく、高精度・広幅のフィルム生産や印刷が可能です。
  • 搬送機器用ビーム
    高剛性、軽量化により短時間での振動減衰が達成され、タクトタイム、生産性向上を図ることができます。

A courtesy of Daimler Chrysler Aerospace, Dornier GmbH and MÜller Weingarten AG.

  • 半導体ウエハー搬送用ピック
  • 液晶ガラス搬送用ロボットハンド
    軽量・高剛性に加え、優れた振動減衰性により、メカトロニクス分野において生産性の向上を実現しています。

提供:(株)安川電機

スポーツなど

  • ゴルフクラブシャフト

ラインナップ・仕様

[閉じる]

【各種素材の特性比較表】

形状 材質 比重 引張弾性率 曲げ弾性率 熱膨張係数 熱伝導率 固有振動数 自重たわみ 荷重たわみ
X方向 Y方向 X方向 Y方向
g/cm3 GPa GPa 10^-6/"K 10^-6/"K W/m・K W/m・K Hz mm mm
板材 ダイアリード コンポジット(105GPa) 1.6 105 98 1.7 5.8 2.5 1.3 13.2 2.2 3.5
ダイアリード コンポジット(250GPa) 1.7 250 220 -0.9 7.7 73 1.2 19.7 1.0 1.5
ダイアリード コンポジット(320GPa) 1.7 320 260 -0.9 9.0 115 1.2 22.2 0.8 1.2
ダイアリード コンポジット(Zero-CTE) 1.6 220 170 0.0 11.0 39 1 18.9 1.1 1.7
ダイアリード “C/Cコンポジット” 1.9 - 69 -1.0 -1.0 90 90 - - -
高性能UDプレート 1.82 450 - - - - - - - -
SUS303 8.0 200 200 17.3 17.3 15 15 8.0 6.0 1.9
アルミ(1200H18) 2.7 69 69 23.6 23.6 220 220 8.2 5.8 5.3
PPS-GF40% 1.6 8 12 - - - - - - -
丸棒 ダイアリード コンポジット(高弾性) 1.8 400 350 - - - - - - -
ダイアリード コンポジット(高強性) 1.6 115 115 - - - - - - -
  1. ※1ダイアリード コンポジットの値は、エポキシ樹脂での計算値です。
  2. ※2CFRP:Carbon fiber reinforced Plastics炭素強化繊維プラスティックス
  3. ※3ダイアリード コンポジットを用いた、□パイプ、○パイプも製作可能です。
  • 代表値及び計算値であり、保証値ではありません。

関連資料

[閉じる]

カタログ・資料

以下の資料等をご希望の場合は、お問い合わせフォームに資料名を明記の上、ご請求ください。

  • 炭素繊維強化樹脂複合材 ダイアリード コンポジット(冊子)

製品に関するお問い合わせ


コンポジット製品事業部 営業グループ(ダイアリード・コンポジット)
  • TEL:03-6748-7359/FAX 03-3286-1341

コンポジット製品事業部の製品一覧を見る[別窓表示]