INTERNSHIP

インターンシップ

”総合化学”での
インターンシップ
三菱ケミカルは、あらゆる産業の基盤と人々の生活を支える
国内最大級の総合化学メーカーです。
当社では文系や化学・化学工学だけではなく、
機械・電気電子・物理・バイオ等の社員が活躍しています。
リーディングカンパニーでのインターンシップを通して、
化学メーカーで働くイメージを掴んでみませんか?
インターンシップの
「応募フォーム」と「マイページ」はこちら
インターン応募フォームインターンマイページ
技術系
インターンシップ等イベント
課題解決型コース
一人ひとりにテーマが与えられ、
指導員のフォローの下限られた期間の中で
取り組むインターンシップです。
実習終了後には受入部署からあなたの
取り組みに対するフィードバックもあります。
実際に業務体験をしてみたい方
業界最大手でご自身の能力を試したい方
これまで知らなかった業界にチャレンジしたい方
事業所見学コース
事業所内見学や若手社員との
座談会を通して、
化学メーカーや当社の雰囲気、
働き方について知っていただく
半日程度の見学会です。
化学業界や三菱ケミカルを知りたい方
メーカーで働く事に興味がある方
化学メーカーにどのような仕事があるのか知りたい方
事務系
インターンシップ等イベント
職場受入型コース
若手社員に同行し、化学メーカーの事務系社員が
どのように活躍しているのかを体感、業務体験して頂くプログラムです。
終了後には受入部署から
あなたの取り組みに対するフィードバックもあります。
化学メーカーで働くイメージを掴みたい方
三菱ケミカルをより知りたい方
営業以外の仕事にも興味がある方
コース詳細
  • 技術系課題解決型
    コース
  • 技術系事業所見学
    コース
  • 事務系職場受入型
    コース
技術系課題解決型コース
募集要項 実習期間 8月19日(月)~9月13日(金)のうち2~3週間(土日休み)
応募資格 高専専攻科1年/大学学部3年/大学院修士1年
実習テーマ マイページにてお知らせします。
※過去テーマはコチラ
実習場所 日本国内の事業所・工場および研究所
※実習テーマごとに実習場所は異なります。詳細はマイページでご確認ください。
選考フロー 応募~決定まで 1.プレエントリー
2.マイページより「エントリーシート」を提出(6月1日~)
3.書類選考合格者の面接(1回)(7月上旬)
4.面接通過者へ実習場所・テーマご連絡(7月中旬~下旬)
5.集合場所、宿舎などの詳細連絡(8月上旬)
応募締切 2019年6月17日 23:59
インターンシップ
期間中の待遇
交通費 ご自宅から実習場所への移動費及び就業体験中の出張旅費等を支給
宿泊先 ご自宅からの通勤が難しい方へは独身寮などの宿泊先を提供
貸与品 PC・作業着等
生活補助費 2,600円/日(含、食事代など)
※インターンシップ参加の方へは待遇の詳細を事前にご連絡致します。
過去のテーマ例 推奨専攻:化学・化学工学系およびその他専攻 研究開発 ・粒子の表面コーティング技術ならびに評価方法の開発
・LC-MSを用いた樹脂中添加剤の分析及び条件検討
・樹脂製造プラントでの重合技術開発検討
・ポリマーフィルムの新商品開発(顧客情報に基づく商品設計~施策等)
生産技術 ・晶析の凝集モデル構築と運転最適化を検討
・工場排水を分解するバクテリアへのpH影響の検証
・プロセスシュミレーションを用いた新規プロセスに適合する蒸留塔の仕様検討
製造 ・ベンゼン製造プロセスの蒸留塔能力解析、生産量増加に向けた検討
・プラントにおける原料ロス要因の明確化、運転条件や設備改造を検討
・プラントで使用する冷媒(再冷水、冷凍水等)の熱バランス、能力評価、省エネ検討
推奨専攻:機械・電気電子・制御系 生産技術 ・センシング技術の高度化(光学装置を用いたオンライン計測手法の検討)
・CAEによる構造設計検討(構造モデルの作成、3Dプリンターによる検証)
製造 ・シュミレーションによる冷却設備の能力評価
・フロン冷凍機更新に伴う新技術検討
・自家発電所のエネルギー収支の可視化と効率改善検討
設備技術 ・クラウド管理システムの改善、精度向上
・化学プラント設備の腐食・材質評価について電気化学測定を用いた解析
・原料混合工程である抽出槽でのpH制御の自動化検討
インターンシップ一覧へ
技術系事業所見学コース
申込み方法・プログラム(予定) 申込み方法 事業所見学プログラムは現在応募を受け付けておりません。
日程が確定次第、こちらのページでご案内致します。
プログラム(予定) 1.会社紹介
2.事業所紹介
3.事業所内見学
4.若手社員との座談会
インターンシップ一覧へ
事務系職場受入型コース
実施要項 実習日程 2019年度下期実施予定
実習期間 5日間程
実習場所 三菱ケミカル国内拠点
実習テーマ インターンシップへ参加される方にご案内します。
プログラム(予定) 1日目:会社紹介、製品ショールーム見学
2~4日目:就業体験 ※内容はテーマにより異なります。
5日目:成果報告会
その他 当社規定に基づき交通費・生活補助費を支給します。
また、遠方からお越しの方には宿泊先を手配します。
応募方法 応募方法 事務系インターンシップは現在応募を受け付けておりません。
マイページ登録いただいた方には詳細が確定次第ご案内致します。
応募~決定まで 1.プレエントリー
2.マイページより「エントリーシート」を提出
3.書類選考合格者の面接(1回)
4.面接通過者へ実習場所・テーマご連絡
5.集合場所、宿舎などの詳細連絡
過去のテーマ例 事業部門 ・原料消費計画作成、配船調整及び新規提案
・新製品、新規用途提案
・担当製品における営業戦略提案
・売上、粗利分析をもとにした製品販促提案
・販売予算を元にした原料予算達成のための購入案立案
共通部門 ・企業知名度向上に向けた施策の提案(広報)
・原料の安定調達に向けた施策提案(購買)
・技術系新卒採用に向けた広報活動への提案(人事)
参加者の声
01

自分たちの研究に信念を持ち真摯に取り組む人々の集まる環境であり、社会をより良くするための研究を行う基盤がしっかり整った会社であるように感じました。

0402

指導員をはじめ、他グループの方々にまでスライドや研究内容について添削・ご指導していただきました。時には異なる研究室の方からも貴重な情報をいただくこともあり、働く環境はとても快適である印象を受けました。

0203

インターンシップのテーマは、人生初挑戦となるシミュレーションを用いて粒子の挙動を再現するというものでした。今まで触れたことのない分野への挑戦ということで、始まる前は不安でいっぱいでしが、実際は社員の方々に基礎から丁寧に指導していただくことができ、有意義な3週間を終えることが出来ました。

0504

私の想像以上に社員の方々は暖かく、熱心に指導して下さいました。お陰様で研究以外にも多くのことを学び、有意義なインターンシップとなりました。

0305

初めのイメージでは、大企業として多くの社員の方々が目まぐるしく働く厳しい環境だと考えていました。確かに忙しく仕事はされていましたが、自分のペースで休息と仕事のバランスを決めているように感じました。

06

研究職と大学の研究の違いや御社の特徴を自分の目で確かめたいという気持ちで参加し、自分なりの答えを見つけることができました。

07

会社全体として非常に社員を大事にしている会社だと感じましたし、実際にそのようなお話もたくさん聞きました。

インターンシップの
「応募フォーム」と「マイページ」はこちら
インターン応募フォームインターンマイページ