Modicロゴ

Modic™ は接着・改質など様々な用途で御使用頂ける材料です。
無極性のポリオレフィンやポリエステル共重合体に極性基を導入し、異種材料との接着性を付与した材料です。また改質剤としての利用も可能です。

  • 本製品の包装袋、納入仕様書、SDS等に於ける製品名称は、「モディック™」となります。

機能性樹脂製品ラインナップ[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

接着性樹脂シリーズ

  1. 1.強固な接着性
    異種材料(PA、EVOH、PET、他樹脂、各種金属)に対し、強固に接着します。
  2. 2.良好な物性・成形加工性
    ポリオレフィンと同等の優れた機械的性質、耐熱性、成形性を有します。
<対応可能な成形方法>
キャスト(Tダイ)成形、インフレーション成形、押出ラミネート成形、ブロー成形、シート成形、各種二次加工(カップ成形、熱ラミ、延伸等)

融着性能表

PE, PPシリーズ 特殊シリーズ TPCシリーズ
PA +++ +++ +++
Polyester + +++ +++
PC - ++ +++
EVOH +++ +++ +++
PVC - ++ +++
PLA - + +++
PS + +++ +++
PE +++ +++ -
PP +++ +++ -
metal +++ +++ +++

シリーズラインナップ

[閉じる]

モディック™ PPシリーズ

PPベースの接着性樹脂

項目 試験法 単位 P502 P512VB P553A P674V P565 P555 P908
MFR(230℃、21.2N) ISO1133参考 g/10min 1.3 2.0 2.4 3.4 5.7 6.0 45
(180℃)
密度 ISO1183参考 g/cm3 0.89 0.88 0.89 0.89 0.89 0.89 0.91
融解ピーク温度 三菱ケミカル法(DSC) 160 122 143 140 143 165 155
ビカット軟化点 ISO306
参考
130 84 128 117 112 150 148
引張降伏応力 ISO 527-1A
参考
500mm/min
MPa 18 11 21 18 17 29 -
引張破断伸び % >550 >550 >550 >550 >550 >550 -
推奨成形方法 - - ボトル
シート
ボトル
シート
インフレ ボトル
シート
キャスト キャスト (改質)
PDF [PDF]283KB [PDF]278KB [PDF]272KB [PDF]285KB [PDF]279KB [PDF]272KB [PDF]257KB
  • 各物性値は代表値であり、保証値ではありません。

モディック™ PEシリーズ

PEベースの接着性樹脂

項目 試験法 単位 H511 H503 H514 L502 L504 M142 M512 M522 M545 A543
MFR(190℃、21.2N) ISO1133参考 g/10min 0.3 1.5 3.8 1.0 4.0 0.8 1.0 1.2 6.0 2.0
密度 ISO1183参考 g/cm3 0.94 0.93 0.94 0.93 0.91 0.91 0.90 0.92 0.90 0.92
融解ピーク温度 三菱ケミカル法(DSC) 133 128 131 110 105 122 119 123 103 95
ビカット軟化点 ISO306参考 119 105 106 96 75 95 74 98 62 68
引張降伏応力 ISO527-1A参考500mm/min MPa 21 15 19 13 8 8 6 10 - -
引張破断伸び % >550 >550 >550 >550 >550 >550 >550 >550 >550 >550
ベースポリマー - - HDPE HDPE HDPE LDPE LDPE LLDPE LLDPE LLDPE LLDPE EVA
推奨成形方法 - - ボトル ボトル キャスト チューブ キャスト インフレ シート インフレ キャスト
押出ラミ
インフレ
PDF [PDF]272KB [PDF]274KB [PDF]274KB [PDF]267KB [PDF]268KB [PDF]265KB [PDF]268KB [PDF]266KB [PDF]276KB [PDF]269KB
  • 各物性値は代表値であり、保証値ではありません。


モディック™ 特殊シリーズ

高度な配合技術より様々な樹脂と良好な融着性能を発揮する樹脂

項目 測定方法 単位 F502 F573 F534A
MFR(190℃、21.2N) ISO1133参考 g/10min 1.0 2.8 3.5
密度 ISO1183参考 g/cm3 0.91 0.93 0.90
融解ピーク温度 三菱ケミカル法(DSC) 63, 115 103 120
ビカット軟化点 ISO306参考 56 54 55
引張破断伸び ISO527-1A参考
500mm/min
% >550 >550 >550
推奨成形方法 - - シート ボトル キャスト
PDF [PDF]294KB [PDF]303KB [PDF]295KB
  • 各物性値は代表値であり、保証値ではありません。

モディック™ TPCシリーズ

ポリエステル共重合体ベースの接着性樹脂

項目 試験法 単位 GQ131 GQ331 GQ430 GK320
MFR(230℃、21.2N) JIS K7210参考 g/10min 20 12 16 9
密度 JIS K7112参考 g/cm3 1.06 1.09 1.1 1.03
融解ピーク温度 三菱ケミカル法(DSC) 155 182 168 183
D硬度 JIS K6253参考 20 37 33 40
引張降伏応力 JIS K6251参考
500mm/min
MPa 10 14 16 8
引張破断伸び % >550 >550 >550 480
推奨用途 - - 柔軟改質 接着 接着 押出
PDF [PDF]294KB [PDF]300KB [PDF]2962KB [PDF]294KB
  • 各物性値は代表値であり、保証値ではありません。

関連資料

[閉じる]

モディック™ 成形条件例

EVOHとの共押出成形 フィルム、シート、ブロー

Screw
タイプ:
フルフライト
L/D:
25(24~28)
圧縮比:
3.2(2.8~3.5)
<参考>
供給部 L/D=7
圧縮部 L/D=8
計量部 L/D=10
成形温度

高温条件では、樹脂の劣化(架橋・分解)が促進されますので、200℃前後の成形温度条件を推奨致します。

<参考:EVOHとの積層の場合>
ヒーターゾーン C1 C2 C3 H AD Die
温度[℃] PE系モディック 180 200 220 220 220 220
PP系モディック 200 220 220 220 220 220
EVOH 190 220 220 220 220 220

PA6、MXD-NYとの共押出成形 フィルム、シート、ブロー

Screw
タイプ:
フルフライト
L/D:
25(24~28)
圧縮比:
3.2(2.8~3.5)
<参考>
供給部 L/D=7
圧縮部 L/D=8
計量部 L/D=10
成形温度
ヒーターゾーン C1 C2 C3 H AD Die
温度[℃] PE系モディック 170 220 250 250 250 250
PP系モディック 200 220 250 250 250 250
PA6 230 250 250 250 250 250
ヒーターゾーン C1 C2 C3 H AD Die
温度[℃] PE系モディック 170 220 260 260 260 260
PP系モディック 200 250 260 260 260 260
MXD-NY 230 250 260 260 260 260

押出ラミネート

Screw
タイプ:
フルフライト
L/D:
33(32~35)
圧縮比:
4.0(4.0~4.4)
<参考>
供給部 L/D=12
圧縮部 L/D=4
計量部 L/D=17
成形温度

押出ラミネートでは、高速薄肉加工のために高い成形温度が必要です。 ネックイン、偏肉精度見合いで調整が必要です。

ヒーターゾーン
C1 C2 C3 C4 C5 H AD Die
温度[℃] モディック 200 250 280 280 280 280 280 280

ダイス温度は300℃以下の設定温度を推奨します。

モディック™ TPC

モディック™ TPCは、ポリオレフィンと同様の温度条件で成形することが可能です(成形前乾燥なしの成形は発泡等につながる可能性があります)

事前乾燥
乾燥 90℃×3時間以上
*GQ131はブロッキングする場合がございますので、60℃×6時間以上で乾燥する事を推奨いたします。
成形 シリンダー 180~220℃
ダイ 180℃以上
Screw
タイプ:
フルフライト
L/D:
25(24~28)
圧縮比:
3.2(2.8~3.5)
<参考>
供給部 L/D=12
圧縮部 L/D=4
計量部 L/D=17
成形温度
EVOH / Modic™ 共押出​

C1 C2 C3 アダプター ダイ
EVOH シリンダー 220℃ 220℃ 220℃ 220℃ 220℃
Modic™シリンダー 200℃ 200℃ 200℃ 220℃ 220℃
PA6/Modic™ 共押出​

C1 C2 C3 アダプター ダイ
PA6シリンダー 230℃ 250℃ 250℃ 250℃ 250℃
Modic™シリンダー 190℃ 210℃ 220℃ 220℃ 250℃

MODIC™層のシリンダー温度は180℃から220℃内で管理される ことを推奨します。

 

製品に関するお問い合わせ

接着性樹脂 モディック

SDS、規制化学物質含有調査のご依頼について
弊社製品をご使用中の場合、弊社への直接依頼をお控え頂き、商流に沿い成形メーカー、商社を通じて弊社へご依頼下さい。


お電話がつながりにくくなっています

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、社員のテレワークや時差出勤を実施しています。お電話がつながりにくい状況となっておりますので、お問い合わせフォームをご利用ください。

パフォーマンスポリマーズセクター
機能性樹脂ユニット

機能性樹脂ユニットの製品一覧を見る[別窓表示]