パイロフィル ペレットは、当社のPAN系炭素繊維パイロフィルとピッチ系炭素繊維ダイアリードをさまざまな樹脂に配合し、従来の強化樹脂を凌駕する性能を付与した熱可塑性成形材料です。

用途に応じたベース樹脂・炭素繊維を使い分けることで他社に追随できない高度な物性を有しています。

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

  • 軽量化

    ガラス繊維強化熱可塑性樹脂、金属からの代替

  • 電磁波シールド、帯電防止

    電磁波シールド処理が不要(蒸着レス、板金レスで トータルコストダウン)

  • デザインの自由性、複合加工が可能

    熱可塑性樹脂であるため加工が容易(射出成形、異形押出、シート/プレス加工等)

  • 規格(耐熱、耐薬品性等)に応じた樹脂の選定が可能

    熱可塑性樹脂のラインナップが豊富(PP、PA、PPS、PC、ABS・・)

ラインナップ

[閉じる]

シリーズ 特 徴
PA66シリーズ 非常に高い強度を有します。
PA-MXD6シリーズ 非常に高い剛性、強度を有します。
PCシリーズ 高い強度を有し、寸法安定性に優れます。
ABSシリーズ 寸法安定性に優れ、成形性が良好です。
PPシリーズ 比重が軽く、軽量化に最適です。
PBTシリーズ 強度に優れ、成形性も良好です。
POMシリーズ 耐摩耗性が良好です。
PPSシリーズ 優れた耐熱性、高弾性率、難燃性を示します。
m-PPEシリーズ 寸法安定性に優れています。

金属代替グレード

[閉じる]

NXMR-C40B

マグネシウムをも上回る強さと軽さ

電磁波シールドグレード

[閉じる]

NX-C-30

電磁波シールド処理が不要

注意事項

[閉じる]

当ページに記載の用途例等は、本製品の適用結果を保証するものではありません。ご使用に当たっては、目的、用途に対応する法規制、製品の安全性等の確認を行って下さい。

また、本製品の取り扱いに当たっては、以下の点に注意してご使用下さい。

なお、取り扱い上の注意点については製品安全データシート(SDS)を別途作成していますので、弊社担当者までご連絡下さい。

  • 安全衛生上の注意点

    本製品の乾燥、溶融時に発生するガスの目、皮膚への接触や吸入を避けるようにご注意下さい。また、 高温の樹脂に直接触れないで下さい。 これらの各作業においては、局所排気装置の設置、保護メガネ、手袋等の着用が必要です。

  • 燃焼(火災)に関する注意点

    本製品は、可燃性もしくは難燃性であり、不燃物ではありません。取り扱い、保管は熱及び発火源から離れた場所で行って下さい。万一燃焼した場合には、有毒ガスが発生する恐れがあります。消火には水が好ましく、また粉末消化剤が使用できます。

  • 廃棄上の注意点

    本製品は、埋め立てまたは焼却により処理できます。廃棄する際は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」等の法令に従って処理して下さい。

以下の資料等をご希望の場合は、お問い合わせフォームに資料名を明記の上、ご請求ください。

  • SDS

製品に関するお問い合わせ


コンポジット製品事業部 営業グループ(ペレットチーム)
  • TEL:03-6748-7523

コンポジット製品事業部の製品一覧を見る[別窓表示]