BENEBiOL™は植物由来のポリカーボネートジオール(ポリウレタン原料)です。植物由来×高耐久な製品づくりを実現します。

世界初の植物由来 ポリカーボネートジオール

ポリカーボネートジオール(PCD)は主にポリウレタン樹脂の主原料として使用される素材で、耐水性や耐久性、耐薬品性などの機能を発現します。ポリウレタン樹脂は、合成皮革・人工皮革をはじめ、塗料やコーティング剤など、私たちの身の回りのさまざまな用途で使われています。

従来のPCDは石油からつくられますが、三菱ケミカルが新たに開発したのは植物由来のPCD、「BENEBiOL(ベネビオール)」です。「世の中にない画期的な製品を開発し、お客様に付加価値を提供する」というコンセプトで試行錯誤を重ねた末、前例のなかった植物由来の原料にたどり着き、全く新しい化学構造を持つPCDが誕生しました。従来品よりも耐久性や耐薬品性などに優れる上に、弱点であった低温での柔軟性にも優れるという今までは実現できなかった機能までもが付与されました。最初はあくまでも高機能を付加するための挑戦でしたが、結果的にサステナブルで地球環境に優しいというもう1つの大きなメリットを得ました。

ベネビオールとベネビオールを用いたウレタン製品の特長

  • カーボンニュートラルへの貢献
  • 高耐久(耐汚染性・耐薬品性・耐候性)
  • 良触感(フィット感、ソフトフィール感)
  • 柔軟~高硬度 など

用途紹介

人工/合成皮革

自動車内装、家具、アパレル

塗料

電子機器、家具、自動車

透湿防水 コーティング

アウトドア、アパレル

エラストマー(熱可塑)

アパレル、工業製品、電子機器

エラストマー(熱硬化)

工業製品

採用事例

Ultrasuede BX

東レ株式会社様 スエード調人工皮「Ultrasuede®BX」
高い感性と機能性を兼ね備えた環境配慮型人工皮革

武蔵塗料ホールディングス株式会社様 「バイオペイント」
ベネビオール使用「バイオペイント」がFLACE様家具にて採用

メディア

商店建築に掲載されました

環境に配慮した 新しい塗料のスタンダードへ[別窓表示]

関連ニュースリリース

植物由来のポリカーボネートジオール「BENEBiOL™」がローソンの新店舗に採用(2023年12月21日)[別窓表示]

関連ページ

ベネビオール、ベネビオールの用途に関するお問い合わせ


三菱ケミカル株式会社
C4ケミカル事業部 BENEBiOLグループ