α−メチルスチレン

α-メチルスチレンは、スチレンに類似した重合性を持ち、ABS樹脂でスチレンの代わりに用いて、耐熱性のいいABS樹脂の製造に使用される。その他、塗料、接着剤等の原料として使用される。

  • CAS:No.98-83-9
  • EINECS:No.202-705-0
  • 化審法:No.3-5
  • 毒物劇物取締法:該当せず
  • 消防法:危険物第4類第2石油類(非水溶性液体)

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

α-メチルスチレンは、スチレン同様、付加重合成性を持つ芳香族化合物で、以下の性質を持ちます。
三菱ケミカルのα-メチルスチレンは、高純度です。

一般名 α-メチルスチレン
メチルスチレン
アルファメチルスチレン
イソプロペニルベンゼン
構造式 アルファメチルスチレン
官能基・化合物分類 ベンゼン環
二重結合
CAS No 98-83-9
既存化学物質番号 3-5, 3-8
化学式 C6H5C(CH3)=CH2
分子量 118
外観 無色透明の液体
融点(℃) -23
沸点(℃) 161
比重 0.91
引火点(℃) 45
発火点(℃) 574
爆発範囲(%) 1.9~6.1

用途

[閉じる]

耐熱ABSで、スチレンの代わりに使用される。また、顔料,塗料 接着剤等有機化合物の原料として、また、ゴムやプラスチックの添加剤として使用される。

関連資料

[閉じる]

SDS(安全データシート)

製品に関するお問い合わせ


フェノール・ポリカーボネート事業部
  • TEL:03-6748-7128

フェノール・ポリカーボネート事業部の製品一覧を見る[別窓表示]