β-アルブチンは、化粧品の美白剤として使用されています。

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

β-アルブチンは、シミ・ソバカスの原因物質であるメラニン色素の生成を抑制する美白成分として使用されています。
β-アルブチンは、ウワウルシといわれるツツジ科のハーブに含まれる一成分として知られています。シミ・ソバカスは、太陽光の中の紫外線やストレス・大気汚染などにさらされることで肌の中で活性酸素が発生し、メラノサイト(色素細胞)内でチロシンが酵素チロシナーゼの働きでメラニン色素に変換されることにより発生します。β-アルブチンは、メラノサイト内で酵素チロシナーゼに直接作用しメラニン色素の生産を抑制することにより、美白効果を示すと言われています。

β-アルブチン

化学名 4-ヒドロキシフェニル-β-D-グルコピラノシド
英語化学名 4-Hydroxyphenyl-β-D-glucopyranoside
CAS番号 497-76-7
分子式 C12H16O7
分子量 272
構造式
官能基・化合物分類 ベンゼン環、ヒドロキシ基(アルコール性水酸基、フェノール性水酸基)
融点(℃) 198~202℃
水溶解度 溶解、13%/室温
安衛法 8-(4)-1030

用途

[閉じる]

シミ・ソバカスの原因物質であるメラニン色素の生成を抑制する美白成分として、使用されています。

ラインナップ・仕様

[閉じる]

化学的データ・品質・性状・毒性データについてはお問い合わせください。

製品に関するお問い合わせ


ファインケミカルズ事業部
  • TEL:050-3139-3877(β-アルブチン担当)

ファインケミカルズ事業部の製品一覧を見る[別窓表示]