BioPTMG

今般、三菱ケミカルは植物由来の原料を使用して製造する、環境に配慮したBioPTMGを開発し、サンプル提供を開始いたしました。BioPTMG(開発品)は、石油由来のPTMGの性能と同等の反発弾性、耐摩耗性、耐加水分解性、低温での柔軟性等の優れた特性を有しているため、インテリア、ファッションから工業資材に至るまで幅広い分野での活用が可能です。

  • グレード:
    BioPTMG650、BioPTMG1000、BioPTMG2000、BioPTMG3000
  • CAS No.:
    25190-06-1
  • 化審法:
    (7)-129
  • 毒物及び劇物取締法:
    該当せず
  • 消防法:
    危険物 第4類 第4石油類 危険等級Ⅲ(BioPTMG650)
    指定可燃物・可燃性固体類(BioPTMG1000, 2000, 3000)

お問い合わせ

BioPTMGとは

[閉じる]

グレード BioPTMG650 BioPTMG1000 BioPTMG2000 BioPTMG3000
外観 無色透明液体

白色ワックス状固体
溶融時は無色透明液体
白色ワックス状固体

溶融時は無色透明液体
白色ワックス状固体

溶融時は無色透明液体
白色ワックス状固体

溶融時は無色透明液体
臭い 殆ど無し 殆ど無し 殆ど無し 殆ど無し
平均分子量 650 1000 2000 2900
凝固点*(℃) 11 17 20 21
引火点(℃) 237 247 240 246
比重(40/4℃) 0.982 0.979 0.976 0.974
粘度
(mPa・s)
160(40℃) 320(40℃) 1400(40℃) 3450(40℃)
比熱(kJ/kg・K) 2.0(40℃) 2.0(40℃)

*:JIS K0065.3(目視)準拠による測定値

特性・用途

[閉じる]

特性

BioPTMGは、ポリウレタン及びポリエステル樹脂のソフトセグメントとして以下の様な優れた特性を示します。得られる樹脂は、衣料などの一般消費財から機械用部品等の工業資材分野に至るまで、幅広い範囲に渡って使用されています。今後もその用途は、益々拡大するものと期待されています。

  • 反発弾性
  • 耐加水分解性
  • 低温での柔軟性
  • 耐摩耗性
  • 耐引裂性
  • 耐菌性

主な用途

ポリウレタン用途

  • ポリウレタンエラストマー
    熱硬化性エラストマー(TSU)
    熱可塑性エラストマー(TPU)
  • 塗料・コーティング剤
  • ポリウレタン弾性繊維(スパンデックス)
  • 接着剤・シーラント
  • 人工皮革・合成皮革

ポリエステル用途

  • ポリエステルエラストマー(TPEE)

貯蔵及び取扱い

[閉じる]

BioPTMGは吸湿性があり、酸素による酸化を受け易い物質ですので、貯蔵容器は乾燥窒素で必ずシールして下さい。
BioPTMGは室温以下では白色ワックス状個体ですが、加温すれば無色透明の液体としてご使用になれます。ドラム中で固化したBioPTMGを溶解する場合には、約70℃で一昼夜保持して下さい。その場合は、局部的な加熱はなるべく避けて下さい。液状で貯蔵する場合は、50℃以下に保持することをお勧めします。
BioPTMG650は、消防法危険物第4類第4石油類、危険等級Ⅲに該当します。揮発性が低く、常温ではそれ自体が引火することはありませんが、万一燃えた場合は、粉末消火剤、耐アルコール泡薬剤または大量の噴霧水が有効です。PTMGの毒性は極めて低く、安全性の高い物質ですが、取り扱いに際しては、保護メガネや保護手袋などの一般的な保護具を着用して下さい。
詳細につきましては、弊社発行の安全データシート(SDS)をご参照下さい。

製品規格/荷姿

[閉じる]

一般販売規格

分子量 水酸基価
mgKOH/g
酸価
mgKOH/g
水分% 揮発分% 色相
(ハーゼン)
BioPTMG650 650±50 160~187 0.05以下 0.03以下 0.1以下 50以下
BioPTMG1000 1000±50 107~118 0.05以下 0.03以下 0.1以下 50以下
BioPTMG2000 2000±100 53~59 0.05以下 0.03以下 0.1以下 50以下
BioPTMG3000 3000±200 35~40 0.05以下 0.03以下 0.1以下 50以下

荷姿

ドラム 180kg,200kg(グレードによって異なる)
石油缶 15kg

製品に関するお問い合わせ


お電話がつながりにくくなっています

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、社員のテレワークや時差出勤を実施しています。お電話がつながりにくい状況となっておりますので、お問い合わせフォームをご利用ください。

国内向け見積り、サンプル等
東日本支社コンシューマープロダクツセグメント
  • TEL:03-6748-7620 FAX:03-3286-1280

国内向け見積り、サンプル等
西日本支社コンシューマープロダクツセグメント
  • TEL:06-7663-8160

国内向け見積り、サンプル等
中部支社リビング・コンシューマープロダクツセグメント
  • TEL:052-565-3516

海外向け、及び技術関連
C4誘導品ユニット
  • TEL:03-6748-7175  FAX:03-6682-4214

C4誘導品ユニットの製品一覧を見る[別窓表示]