THF

THF(テトラヒドロフラン)は、沸点が低く安定な物質で、優れた溶解性を持っているため、各種材料の溶解や反応溶媒として幅広く利用されています。また、ポリテトラメチレンエーテルグリコール(PTMG)などの合成原料にも用いられています。 弊社では、独自の技術によりブタジエンを出発原料として、1982年より四日市事業所において、高純度、高品質のTHFの製造を行っています。

  • CAS:No.109-99-9(T)
  • EINECS:No.203-726-8
  • 化審法:No.5-53
  • 安衛法:No.5-53
  • 安衛法通知物質:367
  • 毒物劇物取締法:該当せず
  • 消防法:危険物第4類第1石油類(水溶性液体)危険等級Ⅱ
  • 国連分類:3
  • 国連番号:2056

お問い合わせ

THF(テトラヒドロフラン)とは

[閉じる]

THFは酸素含有5員複素環式化合物(環状エーテル)で、非プロトン性極性溶媒です。

一般名 テトラヒドロフラン(Tetrahydrofuran)
1,4-エポキシブタン(1,4-epoxy-butane)
オキソラン(oxolane)
ブチレンオキサイド(Butylene oxide)
シクロテトラメチレンオキシド(cyclotetramethylene oxide)
オキサシクロペンタン(oxacyclopentane)
ジエチレンオキシド(diethylene oxide)
テトラメチレンオキシド(tetra-methylene oxide)
構造式 THF
官能基・化合物分類 エーテル結合
CAS No. 109-99-9
化審法 (5)-53
毒物及び劇物取締法 該当せず
消防法 危険物 第4類第1石油類 水溶性 危険等級Ⅱ
分子量 72.1
外観 無色透明液体
臭い エーテル臭
比重(20/4℃) 0.888
粘度(mPa・s) 0.58(at 20℃)
沸点(℃) 66
融点/凝固点(℃) -108.5
引火点(℃) -17
爆発限界(vol%、空気中) 上限:11.8
下限:2.0
蒸気圧(kPa) 18.9(20℃)
蒸気潜熱(kJ/mol) 29.6(66℃)
比熱(kJ/kg・K) 1.77(20℃)
熱伝導度(W/m・K) 0.18(20℃)
表面張力(N/m) 26.4×10-3(25℃)
体積固有抵抗(Ω・cm) 1.3×103(23℃)

ブタジエンを原料とした三菱ケミカル独自の製法により、高純度・高品質を実現。また、徹底した品質管理により低水分でのご提供が可能です。

用途

[閉じる]

  • 表面コーティング
    高重合度の塩化ビニル樹脂に対する溶解度が強いので、合成皮革等のコーティング溶剤として用いられます。
  • 接着剤
    優れた溶解性・拡散性等の特性を生かして、ビニル系・エポキシ系接着剤の溶剤として用いられます
  • キャスティングフィルム
    塩化ビニル樹脂の熱収縮フィルムや防湿剤等に用いられます。
  • 印刷インキ
    難溶性の無機化合物でも容易に溶解し蒸発が速いので、印刷インキ溶剤に適しています。
  • その他
    常温でも各種の樹脂を溶解し、水や一般の有機溶剤との溶解性が大きいので、感光性樹脂などの特殊な樹脂の溶剤として幅広く利用されています。また、グリニャール反応やウィッティッヒ反応などの反応溶媒や医薬・農薬等の製造における反応及び精製溶媒にも利用されます。

貯蔵及び取扱い

THFは、消防法危険物第4類第1石油類(水溶性)、危険等級Ⅱに該当します。揮発性が高く引火性も強いので、容器は密栓し換気の良い場所に保管して下さい。取り扱いに際しては、火気には十分注意して下さい。THFは、他のエーテルと同様に空気または酸素に触れると爆発性の過酸化物を生成しますので、貯蔵容器は乾燥窒素で必ずシールして下さい。
THFは、目・鼻・喉の粘膜及び皮膚を刺激し、長時間蒸気に曝されると吐き気やめまいなどの有機溶剤中毒の症状を来します。高濃度の蒸気が発生する場所では十分に換気し、取り扱いに際しては保護メガネや保護手袋などの保護具を必ず着用して下さい。
詳細につきましては、弊社発行の安全データシート(SDS)をご参照下さい。

製品規格/荷姿

[閉じる]

製品規格

項目 規格値
色相(ハーゼン) 10以下
水分(%) 0.02以下
比重(20/4℃) 0.886~0.889
純度(%) 99.95以上
過酸化物(ppm) 100以下

酸化防止剤として、通常BHT(2,6-ジ-t-ブチル-4-メチルフェノール)を250ppm添加しています。

荷姿

ISOコンテナ 20ton
ローリー 10ton
ドラム 180kg
石油缶 15kg

関連資料

[閉じる]

SDS(安全データシート)

GSS(GPS安全性要約書)

製品に関するお問い合わせ


国内向け見積り、サンプル等・・・石化営業統括部(東京)
  • TEL:03-6748-7181  FAX:03-3286-1280

国内向け見積り、サンプル等・・・石化営業統括部(西日本グループ)
  • TEL:06-6204-8440(大阪) TEL:052-565-3516(中部)

海外向け、及び技術関連・・・C4ケミカル事業部
  • TEL:03-6748-7175  FAX:03-3286-1274

C4ケミカル事業部の製品一覧を見る[別窓表示]