DOPは個々の性能がほどよくバランスし、塩化ビニル樹脂用可塑剤として、最も広範囲に使用されている代表的な汎用可塑剤です。

株式会社ジェイ・プラス[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

DOPで可塑化された塩化ビニル樹脂製品は一般的に、低温柔軟性、熱安定性、耐摩耗性、耐熱老化性にすぐれ電気絶縁性も良好です。更にグリース、鉱物油、水および石鹸水による抽出に対しても、すぐれた耐久性をもっています。

DOP

化学名 フタル酸ビス(2-エチルヘキシル) (DEHP)
フタル酸ジオクチル (DOP)
英語化学名 Bis(2-ethylhexyl) phthalate (DEHP)
Dioctyl phthalate (DOP)
CAS番号 117-81-7
既存化学物質番号 3-1307
分子式 C24H38O4
分子量 391
構造式
官能基・化合物分類 ベンゼン環、エステル結合
流動点(℃) -55
沸点(℃/101.3kPa) 386
比重(20/20℃) 0.986
引火点(℃,開放) 218
発火点(℃) 400
水溶解度(ppm,25℃) 0.5 以下
消防法 危険物第4類第4石油類
劇毒物法 該当せず

用途

[閉じる]

DOPは、軟質塩ビ製品全般に使用されている代表的な汎用可塑剤です。

ラインナップ・仕様

[閉じる]

製品に関するお問い合わせ

株式会社ジェイ・プラス


株式会社ジェイ・プラス
  • TEL:03-3516-0345

株式会社ジェイ・プラスの製品一覧を見る[別窓表示]