フェノール

フェノールは、ベンゼンから合成されるヒドロキシル基を持つ芳香族化合物で、フェノール樹脂の原料として、またエポキシ樹脂の原料であるビスフェノールAの合成に使用される他、各種化学薬品の原料として使用される。

  • CAS:No.108-95-2
  • EINECS:No.203-632-7
  • 化審法:No.3-481
  • 毒物劇物取締法:劇物
  • 消防法:指定可燃物(可燃性固体)

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

フェノールは、ベンゼンから合成されるヒドロキシル基を持つ芳香族化合物で、室温では固体で、特有の薬品臭がある。その一般的な物性は次のとおり。

一般名 フェノール
石炭酸
オキシベンゼン
構造式 フェノール
官能基・化合物分類 ベンゼン環
ヒドロキシ基(フェノール性水酸基)
CAS No 108-95-2
既存化学物質番号 3-481
化学式 C6H5OH
分子量 94
外観 無色ないし白色固体
融点(℃) 41
沸点(℃) 182
比重 1.07
引火点(℃) 79
発火点(℃) 715
爆発範囲(%) 1.8~8.6
溶解パラメーター 14.5

用途

[閉じる]

フェノール樹脂の原料として、また、エポキシ樹脂の原料であるビスフェノールAの合成として使用される他、染料 界面活性剤 殺菌剤,農薬、医薬、その中間体等々、幅広い化学薬品の原料として使用される。

関連資料

[閉じる]

SDS(安全データシート)

製品に関するお問い合わせ


フェノール・ポリカーボネート事業部
  • TEL:03-6748-7128

フェノール・ポリカーボネート事業部の製品一覧を見る[別窓表示]