tefablocロゴ

オレフィン系樹脂にゴムやフィラーを添加し、オレフィン系樹脂単体では得られない柔軟性や耐衝撃性を付与した中・高硬度領域の非架橋オレフィン系熱可塑性エラストマーです。

  • 2017年4月より「サーモラン™」の中・高硬度グレードは、「テファブロック™」へ製品名称を変更致しました。
  • TPOとはオレフィン系エラストマー成分を含有する混合物を指します。
  • 本製品の包装袋、納入仕様書、SDS等に於ける製品名称は、「テファブロック™」となります。

機能性樹脂製品ラインナップ[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

  • ゴムとポリプロピレンの間に位置する中・高硬度領域のエラストマーです。
    • デュロ硬度D40~ 曲げ弾性率450 Mpa
  • 低温衝撃性に優れます。
  • 耐候性、耐熱性、耐オゾン性に優れております
  • 成形加工が容易です
    • 汎用の押出、射出成型機にて成形可能
    • スプルー、ランナーのリサイクル可能
    • PEベースのマスターバッチによる着色可能
  • オレフィン系樹脂との熱融着が可能です。

シリーズラインナップ

[閉じる]

テファブロック™ TPO

中・高硬度領域の非架橋オレフィン系熱可塑エラストマー

項目 測定方法 単位 Z104B 5800B 5850N 215B
MFR
(230℃,21,2N)
ISO1133参考 g/10min 37 14 15 24
密度 ISO1183参考 g/cm3 0.90 0.89 0.89 0.89
曲げ弾性率 ISO178参考 MPa 280 290 300 440
曲げ強さ ISO178参考 MPa 8 9 9 12
デュロD硬度
(15秒後)
ISO868参考 38 39 40 46
成形収縮率 MD方向
1/1000
三菱ケミカル法
2mmt
13 15 15 13
成形収縮率 TD方向
1/1000
13 14 14 12
引張り試験 引張降伏応力 ISO527参考
1A試験片,
試験速度
50mm/min
MPa 7 9 9 11
引張り破壊応力 9 17 16 17
破壊時呼びひずみ % 500 550 500 630
アイゾット衝撃強さ(-30℃) ISO180参考 KJ/m2 68 63 62 23
PDF [PDF]387KB [PDF]386KB [PDF]383KB [PDF]386KB
  • 上記数値は代表値であり、保証値ではありません。
  • 本製品の包装袋、納入仕様書、SDS等に於ける製品名称は、「テファブロック™」となります。

テファブロック™TPO用途事例

  • 自動車外装マッドガード
  • ガスケット

関連資料

[閉じる]

テファブロック™ TPO 射出成形条件表

項目 条件
温度条件(℃) シリンダー(後) 170~190
シリンダー(中央) 200~240
シリンダー(前) 200~240
ノズル 190~230
金型温度 (℃) 30~60
  • 背圧は低く設定してください。(5MPa以下を推奨します)
    →背圧を高くすると、計量時間が急激に長くなる場合がございます。
  • 210~220℃が通常推奨成形温度、30~40℃が通常推奨金型温度となります。

製品に関するお問い合わせ

SDS、規制化学物質含有調査のご依頼について
弊社製品をご使用中の場合、弊社への直接依頼をお控え頂き、商流に沿い成形メーカー、商社を通じて弊社へご依頼下さい。


お電話がつながりにくくなっています

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、社員のテレワークや時差出勤を実施しています。お電話がつながりにくい状況となっておりますので、お問い合わせフォームをご利用ください。

パフォーマンスポリマーズセクター
機能性樹脂ユニット

機能性樹脂ユニットの製品一覧を見る[別窓表示]