ダイヤイオンRシリーズ(両性イオン交換樹脂)
ダイヤイオン™AMP03は架橋ポリスチレン骨格に4級アンモニウム基とカルボキシ基を導入した両性イオン交換樹脂です。粒子は260µmの均一粒径のため、電解質と非電解質との分離や電解質相互分離(塩化ナトリウムと硫酸ナトリウムなど)等で溶離ピークがシャープです。

三菱ケミカルのイオン交換樹脂・分離精製用樹脂 専門サイト[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

イオン™AMP03は三菱ケミカル(株)が新たに開発した両性イオン交換樹脂です。
両性イオン交換樹脂は水のみを媒体として塩類を保持する特性があり、電解質と非電解質との分離や電解質相互分離(塩化ナトリウムと硫酸ナトリウムなど)等に適応できます。

ダイヤイオン®AMP03

ダイヤイオン™AMP03は、等量の正電荷と負電荷を持つ官能基が、架橋ポリスチレン母体に安定な化学結合で固定された構造を有しており、経時劣化や溶出の少ない優れた設計となっています。
また、粒子は260µmの均一粒径のため、溶離ピークがシャープで、工業的な分離精製に最適です。

ダイヤイオン™AMP03は、水のみを展開液(移動相)として各種塩類を分別認識することができます。
その選択性は、
正イオンの価数が大きいほど保持が大きい
負イオンの価数が大きいほど保持が小さい
傾向があります。

下図は、ダイヤイオン™AMP03をカラムに充填し、各種塩類を展開して得られた保持値を示します。
保持値

用途

[閉じる]

糖類の脱塩、グリセリンと食塩の分離など電解質と非電解質の分離や苛性ソーダと食塩の分離など電解質相互の分離に有効です。

両性イオン交換樹脂DIAION™ AMP03を使用した分離例は、三菱ケミカルのイオン交換樹脂・分離精製用樹脂 専門サイト両性イオン交換樹脂ページ[別窓表示]に掲載していますので、ご覧下さい。

使用方法

カラム通液 または バッチ処理

製品に関するお問い合わせ


イオン交換樹脂事業部
  • TEL:03-6748-7146

イオン交換樹脂事業部の製品一覧を見る[別窓表示]