ダイヤイオンシリーズ(強酸性陽イオン交換樹脂)

強酸性陽イオン交換樹脂は、架橋したスチレン骨格にスルホン酸基を持つビーズ状製品です。 全てのpH領域(0~14)で使用でき、温度にも比較的安定で100~120℃の高温にも耐えることから、純水・軟水製造の水処理を始め、医薬品・食品の精製、触媒等広い分野で使用されています。

三菱ケミカルのイオン交換樹脂・分離精製用樹脂 専門サイト[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

強酸性陽イオン交換樹脂は、架橋したスチレン骨格にスルホン酸基を交換基として持つビーズ状製品です。
交換基であるスルホン酸基(-SO3H)は強酸性であり、アルカリ側は勿論のこと、酸性の溶液中でも-S03 Hの形に解離します。
ゲル型(SKシリーズ)、ポーラス型(PKシリーズ)及び均一粒径のUBKシリーズがあります。

イオン交換は対イオンの交換反応ですが、強酸性陽イオン交換樹脂は以下に示す式のように、塩基(NaOH)は言うまでもなくNaClやCaCl2のような中性塩も分解交換することが出来ます。

R-SO3H + NaCl →  R-SO3Na + HCl
2R-SO3H + CaCl2→ (R-SO3)2Ca + 2HCl
R-SO3H + NaOH → R-SO3Na + H2O
(Rはイオン交換樹脂の母体を示します。)

強酸性陽イオン交換樹脂はあらゆる陽イオンを吸着しますが、イオンの種類によって吸着する強さが異なります。この吸着する強さの指標を選択性と言います。一般的なイオンの選択性は、価数が高いイオン程、選択性が大きくなります。(例えばNa+ < Ca++ < Al+++ < Th++++ ) イオンの価数が同じ場合には原子番号が大きいものほど選択性が大きくなります。(Li+ < Na+ < K+ <Rb+ < Cs+、Mg++ <Ca++ < Sr++ <Ba++)
全てのpH領域(0~14)で使用でき、温度にも比較的安定で100~120℃の高温にも耐えることができます。

用途

[閉じる]

純水・軟水製造の水処理を始め、医薬品・食品の精製、触媒等広い分野で使用されています。

使用方法

カラム通液 または バッチ処理

ラインナップ・仕様

[閉じる]

イオン交換樹脂・分離精製用樹脂 専門サイトをご覧下さい。

強酸性陽イオン交換樹脂 銘柄一覧表[別窓表示]

製品に関するお問い合わせ


イオン交換樹脂事業部
  • TEL:03-6748-7146

イオン交換樹脂事業部の製品一覧を見る[別窓表示]