アクリル酸イソブチル
アクリル酸イソブチル(IBA)はアクリル酸とイソブタノールをエステル化した製品で、粘接着剤、塗料、合成樹脂、エマルション(エマルジョン)等の原料として使用されます。
CAS:No.106-63-8
EINECS:No.203-417-8
化審法:No.2-989
消防法:危険物第4類第2石油類(非水溶性液体)

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

アクリル酸イソブチルはアクリル酸とイソブタノールをエステル化した製品です。
当社アクリル酸イソブチルは不純物が少なく、様々な化成品の原料として使用可能です。

一般名 アクリル酸イソブチル、イソブチルアクリレート 、IBA
構造式
官能基・化合物分類 エステル結合
二重結合
CAS No. 106-63-8
外観 無色の液体
匂い 強いエステル臭
沸点 (℃) 132
化学式 CH2=CHCOOCH2CH(CH3)CH3
分子量 128.17

用途

[閉じる]

アクリル酸イソブチルは粘接着剤、塗料、合成樹脂、エマルション(エマルジョン)等の原料として使用されます。

ラインナップ・仕様

[閉じる]

ローリー、ドラム缶、石油缶

製品に関するお問い合わせ


C3ケミカル事業部
  • TEL:03-6748-7177

C3ケミカル事業部の製品一覧を見る[別窓表示]