掲載されているニュースについてのお問い合わせ先
三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室 電話:03-6748-7140

ニュース

プレスルーム 2005年
7月4日
平成17年7月4日
三菱レイヨン株式会社

プリントサーキット事業及び関係会社株式譲渡

 三菱レイヨン株式会社(本社:東京都港区、社長:皇 芳之)は、プリントサーキット事業に関する営業権及び、関係会社である菱光電子工業株式会社(以下、菱光電子)の株式譲渡に関して、株式会社アーム電子(本社:東京都八王子市、社長:佐藤 雅美)と基本的に合意いたしました。
 当社は、本年4月に発表した第5次中期経営計画において、コア事業であるアクリル系(MMA系、AN系)事業への更なる経営資源の集中を重要課題としています。その一貫として、成長が期待される情報材料関連事業の一角を占めているものの、他のMMA系事業とシナジーの少ない同事業の譲渡を決断したものです。当社の情報材料事業は、今後、精密賦形技術と光学技術、そしてアクリル樹脂の融合による独自性のある光学機能部材に集中し、IT表示材料分野での飛躍的な事業拡大を目指します。
 一方、(株)アーム電子は、プリントサーキット事業をコア事業と位置づける企業で、今後のコア事業の強化拡大のために、当社事業及び菱光電子の株式取得に合意したものです。

 当社プリントサーキット事業は、半導体テスター、通信機器など産業用途に使用されるプリント配線板の販売を行っております。菱光電子は、1963年に当社グループのエレクトロニクス関連事業の先駆けとして、プリント配線板の設計から製造を目的に設立されました。高密度高多層配線板分野では、開発設計、パターン設計から量産までの一貫体制により、大きな実績を挙げております。今回の合意の背景には、当社の販売先がアーム電子社と重複していないこと、菱光電子が持つ高い設計力、製造技術、品質力とアーム電子社が持つ超短納期試作対応力、多品種少量生産技術との間に大きなシナジーが期待できることがあります。また、合意した内容は、当社のプリントサーキットに関する営業権を製造会社である菱光電子に移管し、同時に菱光電子の株式の90%をアーム電子に譲渡することが骨子です。
参考
1. 菱光電子工業の概況
 
設  立 1963年4月
資 本 金 408百万円
従業員数 193名
事業内容 プリントサーキット板の設計・製造
本  社 神奈川県川崎市多摩区登戸3816
売上規模 約27億円(2005年3月期)
2. アーム電子の概況
 
設  立 1980年6月
資 本 金 1,058百万円
従業員数 311名
事業内容 プリントサーキット板(試作用・プロットタイプ用)の設計・製造・販売
本  社 東京都八王子市叶谷町1055
売上規模 約32億円(2004年5月期)
****この件に関するお問い合わせ****
三菱レイヨン株式会社 広報・IR室
電話 03-5495-3100
リリースの内容は発表日現在のものです。
その後内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。