基本方針

三菱ケミカルホールディングスグループは、顧客や株主・投資家、地域社会、従業員、取引先など、企業活動を支えるすべての人、社会、そして、その基盤となる地球をステークホルダーと考えています。三菱ケミカルはこの考え方に基づき、ステークホルダーの皆さまから信頼される存在であるために、ステークホルダーを尊重し、対話や適切な情報開示を推進し、それを企業活動に活かしています。

人権方針

三菱ケミカルは、人権に関する最上位の方針として、「三菱ケミカルグループ人権方針」を制定しています。国際連合「ビジネスと人権に関する指導原則」に準拠した人権デューデリジェンスの考え方に基づき、事業活動による人権に関する負の影響の特定、防止、軽減、報告に向けた取り組みを進めています。

ステークホルダーとともに コンテンツリスト

  • 報告期間 2020年度(2020年4月〜2021年3月)
    次回更新予定 2022年10月