基本方針

三菱ケミカルグループは、「三菱ケミカルホールディングスグループ企業市民活動方針[別窓表示]」に沿って、「共生社会の創造」「次世代育成」「地球環境保全」「地域社会とのコミュニケーション」「災害支援」などの分野で資金的・物的支援にとどまらず、実際の活動を伴う貢献(人的支援)を進めています。

三菱ケミカルホールディングスグループ企業市民活動方針

三菱ケミカルホールディングス(MCHC)グループは、事業活動を展開している国々・地域の文化や習慣に対する理解を深め、事業による社会への貢献に加え、良き企業市民として、社会や人々からの要請・期待に応える活動を実施し、KAITEKIを実現します。

取り進めにあたって、

  • Sustainability〔Green〕、Health、Comfortの視点に立って、各国・地域のグループの拠点を中心に企業市民活動を実施します。
  • 様々なステークホルダーとのコミュニケーションを通して、社会的ニーズを把握します。
  • 従業員と一体となった活動を行い、従業員の積極的な参加を促進します。
  • 企業として、従業員が行うボランティア活動を支援します。

社会貢献活動

共生社会の創造

三菱ケミカルは、公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会(Japanese Para-Sports Association、以下JPSA)の理念である「活力のある共生社会の創造」に賛同し、2017年4月にJPSAとオフィシャルパートナー契約を締結しました。
従業員によるJPSA主催のスポーツ競技大会での運営ボランティア(受付、会場設営など)や観戦・応援のほか、社内にてボッチャ大会を開催し、従業員の障がい者スポーツの理解促進に向けた活動も積極的に行っています。当社はこれからも障がい者スポーツの一層の普及・発展に貢献することで、一人ひとりの個性が尊重され心身ともに健康的な共生社会の実現に貢献していきます。

ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会
2017年5月 ジャパンパラウィルチェアー
(車いす)ラグビー競技大会
社内ボッチャ大会
2017年10月 社内ボッチャ大会(本社)

次世代育成

次世代を担う子どもたちに化学や理科への関心をもってもらうことを目的に、化学実験教室を各拠点で開催しています。また「夢・化学-21」委員会(構成団体:公益社団法人日本化学会、公益社団法人化学工学会、公益社団法人新化学技術推進協会、一般社団法人日本化学工業協会)が行うイベントにおいて子ども化学実験ショーを実施し、積極的にサポートをしています。

地球環境保全・地域社会とのコミュニケーション

東京都・NPO法人・企業が連携して東京都内の緑地保全地域で自然環境保全活動を行う「東京グリーンシップ・アクション」に年2回参加するなど、里山保全活動や地域・河川の清掃活動を積極的に実施しています。加えて、地域イベントへの参加、事業所イベントへの地域住民の招待やグランド・体育施設の開放、また学生を対象とした事業所見学も積極的に受け入れており、地域社会とのコミュニケーションを日頃から推進しています。

東京グリーンシップ1
東京グリーンシップ2

2018年6月 東京グリーンシップ・アクション

朝倉川清掃1
2018年4月 朝倉川の清掃活動(豊橋事業所)
長浜小学校
2017年11月 長浜市立長浜北小学校生の
事業所見学(滋賀事業所)

災害支援

三菱ケミカルは、2017年8月に米国東海岸を襲ったハリケーン・ハービーおよびイルマ、西日本に甚大な被害を及ぼした平成30年7月豪雨など国内外で発生した災害に対して、これまで義援金や支援物資を提供してきました。
さらに、平成30年7月豪雨ではNPOと連携して従業員による復旧ボランティア活動を実施するなど、人的支援にも積極的に取り組んでいます。
また、MCHCグループでは、東北復興支援活動の一環として、2013年から東北三県(岩手県、宮城県、福島県)の物産展を毎年開催しており、昨年からは、高校生が地元産品等を活用し、自ら開発・製造した商品を直接販売する企画も開催しました。引き続き、復興を支援するとともに復興を支える皆さんの活動を支援していきます。

豪雨災害ボランティア1
豪雨災害ボランティア2

2018年7月 平成30年7月豪雨災害ボランティア(水島事業所)