「サステナビリティ・レポート」は、三菱ケミカルのビジョンであるKAITEKI実現をめざした取り組みを、ステークホルダーの皆さまにご報告することを目的として発行しています。
2017年度は、KAITEKI実現をめざした活動の基盤となる「マネジメント体制」「レスポンシブル・ケア活動」「ステークホルダーとともに」を中心に報告いたしました。

サステナビリティ・レポートについて

より多くのステークホルダーの皆さまに三菱ケミカルのサステナビリティ向上に貢献する取り組みを開示するために、ウェブサイトにて開示しています。またウェブサイトには、報告内容を一括掲載したPDF版「サステナビリティ・レポート2017」も開示しています。

サステナビリティ・レポート ダウンロード

報告期間

2016年度(2016年4月~2017年3月)

三菱ケミカルの発足は2017年度であるため、「サステナビリティ・レポート2017」では、当社のポリシー、規程類、活動体制、活動計画などを中心に報告しています。ただし、環境保全や産学官連携など一部の内容は、2016年度における旧三菱化学、旧三菱樹脂、旧三菱レイヨンの3社の活動実績の合算として報告しています。また社会貢献活動などは、2017年度の活動実績も一部含んでいます。

報告対象範囲

三菱ケミカル単独を報告範囲の基本としています。ただし一部報告内容は、グループ会社を含めた連結を報告範囲としており、いずれも単独・グループの別を都度記載しています。

参考にしたガイドライン

環境省「環境報告ガイドライン 2012年版」
環境省「環境会計ガイドライン 2005年版」

発行

発行:2018年1月

前回発行:
 旧三菱化学 2016年11月
 旧三菱樹脂 2016年9月
 旧三菱レイヨン 2016年10月
※ 三菱ケミカル発足が2017年4月のため、本レポートが初版となります。
次回発行予定:2018年10月

お問い合わせ先

三菱ケミカル株式会社 経営企画部 KAITEKI推進グループ
〒100-8251 東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビル
サステナビリティ・レポートおよび当社のCSRに関するご意見・お問い合わせは以下のページよりお願いします。

CSRについてのお問い合わせ[別窓表示]

免責事項

三菱ケミカルグループの過去と現在の事実だけでなく、社会情勢に関する予想、経営計画・経営方針とその結果への予測が含まれています。これらの予想・予測は、記述した時点で入手できた情報に基づいた仮定ないし判断であり、諸与件の変化によって将来の社会情勢や事業活動の結果が、予想・予測とは異なったものとなる可能性があります。