ABOUT KAITEKI

ABOUT KAITEKI

KAITEKIへのこだわり

SCROLL  
 
#01

原料多様化で、
持続可能な循環の基盤を築く

幅広い産業の基盤になっている化学品の原料多様化を進めることは、温暖化ガスをはじめとする環境負荷の低減と化石資源の枯渇への対応につながり、化学産業にとって、リスクの低減と成長機会の創出の両方に大きな意義をもつテーマです。MCHCグループは、主要化学品の原料多様化に合成技術・プロセス開発技術・プラント制御技術を駆使して取り組んでいます。

原料多様化で、持続可能な循環の基盤を築く原料多様化で、持続可能な循環の基盤を築く
「DURABIO」用途例:自動車インパネ「DURABIO」用途例:自動車インパネ
「DURABIO」用途例:自動車インパネ
バイオエンプラ「DURABIO」バイオエンプラ「DURABIO」
バイオエンプラ「DURABIO」

バイオマス原料の特長を生かした新規なバイオエンプラ「DURABIO」は、透明性・耐候性・強度・光学特性といった諸特性を高次元でバランスさせた、従来の石油由来樹脂では達成しえなかった性能をもつ材料です。

 
#02

社会全体の
エネルギー消費や
環境負荷を削減する

社会全体のエネルギー消費や環境負荷の低減には、バリューチェーンを俯瞰した複合的・複層的なソリューションが欠かせません。MCHCグループは、機能設計や分子設計を強みとした総合力で、高機能で多彩な素材・部材が主役となるソリューション提供に注力しています。

社会全体のエネルギー消費や環境負荷を削減する社会全体のエネルギー消費や環境負荷を削減する
  • リチウムイオン電池材料リチウムイオン電池材料リチウムイオン
    電池材料
  • 炭素纎維コンポジット製品炭素纎維コンポジット製品炭素纎維
    コンポジット製品
  • 有機EL材料有機EL材料有機EL材料
  • 窒化ガリウム基板窒化ガリウム基板窒化ガリウム基板
  • アルミナ繊維「MAFTEC」アルミナ繊維「MAFTEC」アルミナ繊維
    「MAFTEC」

自動車分野においては、軽量化・環境対応・機能付与/強化をキーワードに、高機能ポリマー各種、炭素繊維・複合材料およびコンポジット製品、アルミナ繊維「MAFTEC」、リチウムイオン電池材料など幅広い多様なソリューションをラインアップ。お客さまと社会の要請を取り込み、着実に事業拡大を実行します。

 
#03

自然との共生を志向し、
生物多様性をまもる

自然との共生、中でも生物多様性の保全は地球環境のサステナビリティだけでなく、企業のサステナビリティにとっても、重要な共通価値の一つと考えています。MCHCグループは、科学的な根拠のもとで生物多様性保全に貢献している製品群を選定し、お客さまとも価値を共有し、ともに市場での普及を進めています。

自然との共生を志向し、生物多様性をまもる自然との共生を志向し、生物多様性をまもる
土壌浸食防止ブロックマット「ゴビマット」土壌浸食防止ブロックマット「ゴビマット」
土壌浸食防止ブロックマット
「ゴビマット」
コンクリート型枠「Xシート型枠」コンクリート型枠「Xシート型枠」
コンクリート型枠「Xシート型枠」

河川、池などの水辺の土壌が、風雨や流水等により侵食されるのを防止する「ゴビマット」は空隙を多く保有し、水上では植生、水面下で魚類や水棲昆虫などの生息空間・産卵場所となっています。施工性、経済性、環境配慮に優れた技術として、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録された実績もあり、40年以上のロングセラー製品となっています。