DRIVING FORCE

機電系の仕事とは

インターン
シップ情報
はこちら

機電系人材の重要性

化学製品の製造には生産するプラントの存在が不可欠です。
そのプラントの設計から運転まであらゆる工程で
機電系の人材が関わり、製品を世に出すための欠かせない役割を担っています。
各拠点で稼働している大規模プラントの装置を安定させるだけではなく、
KAITEKIの実現に向けたICTやIoT、AIなどの進化に対応すべく、
この激動の時代の変化に対応できるエンジニアを多く求めています。

三菱ケミカルで
機電系が働く魅力

三菱ケミカルの
心臓部
化学メーカーの心臓部と言えるプラント設備の設計から
運転まで、あらゆる場面で貢献します。
単なる更新ではなく
設備を追求
既存の設備に対して新技術の導入を検討し、より安全・
安定かつ生産性の向上を追求します。
各部門の
スペシャリスト
が多く在籍
充実した育成プログラムを経て、知識・スキルを習得した
スペシャリストが各部門に在籍しています。
川上から川下まで
開発・
製造を
一体で取り組む
一人ひとりが輝くために部門をまたぎ、チーム一体となって
プロジェクトに取り組んでいます。
海外でも
活躍できる
海外にも複数の事業所があるため、多くの社員に
海外プロジェクト参加のチャンスがあります。

機電系の仕事

ユーティリティ部門 新しい”あり方”を創り、
未来へ繋げる

プラントの電気、蒸気といったユーティリティ関連設備の設計・建設・運転の
全てに関わり、より安全・安定・安価なユーティリティの供給を担います。

生産技術・製造 未知に挑み、世界を圧倒する

プラントの運転管理、プラント改良改善により安定操業を実現し収益向上に
貢献します。また、生産・製造・安全技術における新技術検討を担います。

設備技術 無限の可能性の中で、
利益を最大化する

プラントの機械・電気・計装設備の設備管理(メンテナンス・改良改善)を通し、
製品の安全・安定生産、生産性維持向上を担います。

数字で見る
三菱ケミカルの機電系

機電系人材は化学業界において希少価値があり、
全国から優秀な人材が集まっています。近年、より一層その重要性が高まってきています。

私が三菱ケミカルを
選んだ理由

化学プラントでは1人で広範囲の電気設備を担当出来ること、化学業界の電気技術者に希少価値があることに魅力を感じ、業界トップの会社で働きたいという思いから入社を志望しました。
(2012年入社 男性)
ものづくりの一番の川上となる材料メーカーに入社し様々な人に自分の製品を使って欲しかったから化学業界を選びました。その中で有機から無機の材料を扱い、今後、様々なものづくりを経験できると思い入社したいと思いました。
(2017年入社 男性)
「大きな設備がある環境で働きたい」と思い、化学業界に興味を持ちました。そしてインターンシップに参加し、現場を大切に想う技術者の人たちと出会いました。彼らの仲間になりたいと思ったことが志望のきっかけです。
(2017年入社 男性)
知らない分野で自分の力を試したい。電機業界に電気系がいるのは当たり前。じゃあ化学業界で電気って?そんな疑問から調べると、巨大で繊細な電気設備相手に弱電から強電まで幅広い分野が要求される仕事だと知り志望しました。
(2012年入社 男性)

活躍している社員の
キャリアパス