ベンゼン

ベンゼンは、分解ガソリン等から抽出される芳香族炭化水素です。石油化学製品の基礎原料、溶剤等に使用されます。
CAS No 71-43-2
HSCode 2902.2
既存化学物質番号 3-1

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

分解ガソリン等から抽出される芳香族炭化水素で、スチレン、フェノール、シクロヘキサン等の原料として使用される他、各種化学品の原料、溶剤等に使用されます。

一般名 ベンゼン、ベンゾール
構造式
官能基・化合物分類 ベンゼン環
CAS No 71-43-2
HSCode 2902.2
既存化学物質番号 3-1
化学式 C6H6
分子量 78
外観 無色透明の液体
融点(℃) 5.5
沸点(℃) 80
比重 0.877
引火点(℃) -11
発火点(℃) 293~563
爆発範囲(%) 1.4~8
粘度(cP) 0.65
溶解パラメーター 9.2
官能基 芳香族環

用途

[閉じる]

石油化学製品基礎原料、溶剤

関連資料

[閉じる]

SDS(安全データシート)

GSS(GPS安全性要約書)

製品に関するお問い合わせ


石化原料事業部
  • TEL:03-6748-7124

石化原料事業部の製品一覧を見る[別窓表示]