trexpreneロゴ

オレフィン系樹脂のマトリックスにオレフィン系ゴムを架橋させた熱可塑性エラストマーです。幅広い硬度ラインアップを有し、優れた圧縮永久歪、耐油性、耐熱性を示します。その特性を生かし、自動車用途ではモール、内装表皮、エンジンルーム内部品に、産業資材用途では工具グリップなどに採用されてます。

  • 2017年4月より「サーモラン™」の低硬度グレードは、「トレックスプレーン™」へ製品名称を変更致しました。

機能性樹脂製品ラインナップ[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

  • 低比重・成形性に優れた部分架橋タイプと、耐熱性・耐油性・ゴム弾性に優れた完全架橋タイプがございます。
  • ゴムライクな低硬度から中硬度までラインアップ。
    • デュロ硬度A40~
  • 成形加工が容易です。
    • 汎用の押出、射出成型機にて成形可能
    • スプルー、ランナーのリサイクル可能
  • 完全架橋タイプは優れた耐熱性と柔軟性を併せ持ちます。
    • 110~120℃の環境下でもご使用いただけます。
  • 完全架橋タイプは優れたゴム弾性を有し、シール性に優れます。
    • 圧縮永久歪20%~
  • 部分架橋タイプは、低比重、成形外観に優れます。
  • オレフィン系樹脂との熱融着が可能です。

特性比較表

製品名 トレックスプレーン™
完全架橋TPV 部分架橋TPV
性能 圧縮永久歪み +++ ++
密度 +++ ++++
柔軟性 +++ ++
耐油性 ++++ ++
機械強度 ++ +
耐傷性 + +
耐熱性 ++++ ++
耐薬品性 +++ ++
成形 流動性 ++ +++
ゲル(ブツ) ++ +++
メヤニ +++ ++
事前乾燥 必要 任意
後架橋処理 不要 不要
例示   
悪:+
良:++++

シリーズラインナップ

[閉じる]

部分架橋TPV

成形性/耐候性に優れた部分架橋オレフィン系熱可塑性エラストマー
射出成形用グレード

項目 試験法 単位 3555N
3555B
3655N
3655B
3755N
3755B
3855N
3855B
3981N
3981B
密度 ISO 1183 g/cm3 0.89 0.89 0.89 0.89 0.89
MFR
(230℃、49N)
ISO 1133 g/10min. 1 10 3 12 20
デュロ硬度A
(15秒後)
ISO 7619-1 - 52 62 73 85 90
切断時引張応力 ISO 37
1A 試験片,
試験速度
500mm/min
MPa 5 7 8 12 13
切断時伸び % 600 600 700 700 700
圧縮永久歪み
(70℃、22hr)
ISO 815 % 35 42 46 51 54
成形収縮率
MD方向
三菱ケミカル法
2mmt
% 1.5-2.0 1.5-2.0 1.5-2.0 1.5-2.0 1.5-2.0
成形収縮率
TD方向
1.5-2.0 1.5-2.0 1.5-2.0 1.5-2.0 1.5-2.0
- - N:乳白色(ナチュラル), B:黒
PDF [PDF]354KB [PDF]354KB [PDF]354KB [PDF]354KB [PDF]354KB
  • 各物性値は代表値であり、保証値ではありません。
  • 25%圧縮で測定しております。

部分架橋TPV 用途事例

  • 自動車内装部材
  • 樹脂パレット滑り止め
  • 複写機ローラー
  • 自販機ガスケット

QTシリーズ

成形性耐候性に優れた部分架橋オレフィン系熱可塑性エラストマー
押出成形用グレード

試験項目 試験法 単位 QT60MB QT70HG QT80HG QT85KB QT70SK
MFR
(230℃,49N)
ISO 1133 g/10min. 2 3 9 12 4
密度 ISO 1183 g/cm3 0.91 0.91 0.91 0.89 0.91
デュロ硬度A
(15秒後)
ISO 7619 57 67 78 79 65
切断時引張応力 ISO 37
1A 試験片,
試験速度
500mm/min
Mpa 6 7 9 9 6
切断時伸び % 640 640 690 680 630
圧縮永久歪み
(70℃、22hr)
ISO 815 % 40 49 53 55 54
植毛グレード - - - - - -
- -
PDF [PDF]334KB [PDF]334KB [PDF]335KB [PDF]334KB [PDF]336KB
  • 各物性値は代表値であり、保証値ではありません。
  • 25%圧縮で測定しております。

部分架橋TPV QTシリーズ 用途事例

  • 自動車外装/内装モールリップ
  • 建材

完全架橋TPV

耐熱性・耐油性・ゴム弾性に優れた完全架橋型オレフィン系熱可塑性エラストマー

項目 試験法 単位 A35BWJ A45BWJ A55BWJ A64BWJ A74BWJ A80BWJ D40BWJ D50BWJ 参考:加硫EPDM
密度 ISO 1183 g/cm3 0.9 0.91 0.91 0.9 0.91 0.91 0.92 0.92 1.27
デュロ硬度A
(15秒後)
ISO 7619-1 - 39 48 58 66 77 84 - - 65
デュロ硬度D
(15秒後)
ISO 868 - - - - - - - 45 55 -
切断時引張応力 ISO 37
1A 試験片,
試験速度
500mm/min
MPa 2 3
5 5 8 9 19 22 9
切断時伸び % 320 330 580 270 390 390 650 630 310
圧縮永久歪み
(70℃, 22h)
ISO 815※ % 20 22 26 24 29 33 50 67 11
圧縮永久歪み
(120℃, 22h)
% 30 26 34 32
42
49
75 82 47
耐油膨潤率
重量変化
(IRM903, 120℃, 70h)
三菱ケミカル法 wt% 118 116 127 94
83
75
53 38 62
成形収縮率MD方向 三菱ケミカル法
3mmt
1/1000 42-47 30-35 18-23 25-30 18-23 15-20 10-15 10-15 -
成形収縮率TD方向 4-9 4-9 8-13 7-12 8-13 9-14 10-15 10-15 -
PDF [PDF]355KB [PDF]355KB [PDF]356KB [PDF]355KB [PDF]355KB [PDF]355KB [PDF]355KB [PDF]352KB -
  • 各物性値は代表値であり、保証値ではありません。
  • 25%圧縮で測定しております。

完全架橋TPV 用途事例

  • 自動車耐熱部材
  • 防振ゴム

関連資料

[閉じる]

部分架橋TPV 射出成形条件

射出成形条件 項目 条件
温度条件(℃) シリンダー (後) 170 – 230
シリンダー (中央) 180 – 230
シリンダー(前) 185 – 230
ノズル 185 – 230
金型温度 (℃) 25 – 70
射出圧力 (MPa) 40 – 130
射出時間 (s) 1 – 10
冷却時間 (s) 30 – 60
背圧 (MPa) 1 – 5

完全架橋TPV 射出成形条件

射出成形条件 項目 条件
温度条件(℃) シリンダー (後) 170 – 230
シリンダー (中央) 180 – 230
シリンダー(前) 185 – 230
ノズル 185 – 230
金型温度 (℃) 25 – 70
射出圧力 (MPa) 40 – 130
射出時間 (s) 1 – 10
冷却時間 (s) 30 – 60
背圧 (MPa) 1 – 5

A35BWJ, A45BWJ用

射出成形条件 項目 条件
温度条件(℃) ※1 シリンダー (後) 170 – 190
シリンダー (中央) 190 – 200
シリンダー(前) 190 – 200
ノズル 190 – 200
金型温度 (℃) 25 – 70
射出圧力 (MPa) 40 – 130
射出時間 (s) ※2 1 – 5
冷却時間 (s) 30 – 60
背圧 (MPa) 1 – 5
  1. ※1: 190℃~200℃の範囲内にシリンダー温度を設定することを推奨いたします。
  2. ※2充填時間を極力短くする (射出速度を速くする) ことを推奨いたします。

乾燥条件

乾燥条件 時間
80℃ 3h 以上
100℃ 2h 以上
  • 乾燥不足は成形外観不良 (シルバーストリークなど) の原因となります。

完全架橋TPV 押出成形条件

位置 ダイ(D) アダプター(AD) C4 C3 C2 C1
温度(℃) 180-220 180-220 180-220 170-200 160-190 150-180
A35BWJ, A45BWJ専用
位置 ダイ(D) アダプター(AD) C4 C3 C2 C1
温度(℃) 180-210 180-210 180-200 170-200 160-190 150-180
  • 温度条件
    • 押出機及びスクリューの仕様、断面形状、その他要因により、条件の最適化が必要です。
      温度条件の一例を示します。
  • 成形機
    • 新規導入: L/D≧24、CR(スクリュー圧縮比)≧3.0の仕様をご推奨します。
    • 既存使用: PVC用の押出機も使用可能です。
    • スクリーンメッシュの使用をご推奨します。
      例:#60メッシュ×2枚、#80メッシュ×2枚
  • その他留意事項
    • 成形停止時の成形機内での材料の滞留は可能な限り短く、長くても20分程度までに留めていただきますよう、お願いいたします。長時間停止の場合はニート樹脂及び/又はパージ用   樹脂による置換(パージ)を推奨いたします。
    • 定期的な分解清掃を推奨いたします。

乾燥条件

乾燥条件 時間
80℃ 3h 以上
100℃ 2h 以上
  • 乾燥不足は成形外観不良(発泡、メヤニなど)の原因となります。

製品に関するお問い合わせ


お電話がつながりにくくなっています

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、社員のテレワークや時差出勤を実施しています。お電話がつながりにくい状況となっておりますので、お問い合わせフォームをご利用ください。

機能性樹脂事業部

機能性樹脂事業部の製品一覧を見る[別窓表示]