アクリル系
弱塩基性陰イオン交換樹脂は、架橋したポリスチレン骨格またはポリアクリル酸エステル骨格に、一~三級アミノ基を官能基として持つ陰イオン交換樹脂です。NaCl、Na2SO4のような中性塩の陰イオンを交換することはできませんが、HCl、H2SO4などの鉱酸やNH4Clのような弱塩基の塩の陰イオンをイオン交換することが出来ます。

三菱ケミカルのイオン交換樹脂・分離精製用樹脂 専門サイト[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

一~三級アミノ基を官能基として持つ樹脂は弱塩基性を示し、弱塩基性陰イオン交換樹脂と呼ばれています。
弱塩基性陰イオン交換樹脂は、官能基が弱塩基性なためアルカリ溶液中で解離せずイオン交換能がありません。
そのため、NaCl、Na2SO4のような中性塩の陰イオンを交換することができませんが、HCl、H2SO4などの鉱酸やNH4Clのような弱塩基の塩は下記の反応式のようにイオン交換することが出来ます。


  • R-NH2+ HCl  → R-NH3Cl
  • R-NH2+ NH4Cl → R-NH3Cl + NH3


また、弱酸は一般的に捕捉されにくく、H2CO3を交換できる樹脂もありますが珪酸(シリカ)は、交換されません。
このように塩基性が弱いため再生されやすいことが特徴で、NaOHは勿論、Na2CO3やNH3などを用いても再生することが出来ます。再生には理論化学当量よりも僅かに高い程度の再生レベルでよく、経済的です。

用途

[閉じる]

水処理、医薬・食品の精製等に使用されます。

使用方法

カラム通液 または バッチ処理

ラインナップ・仕様

[閉じる]

弊社の弱塩基性陰イオン交換樹脂には、次のようなラインアップがあります。

基質 アクリル系 スチレン系
ポリアミン型
スチレン系
ジメチルアミン型
製品名 WA10 WA20 WA21J WA30
構造 WA10 WA20 WA21J WA30

アクリル系WA10[別窓表示]

スチレン系WA20シリーズ(ポリアミン型)[別窓表示]

スチレン系WA30(ジメチルアミン型)[別窓表示]

製品に関するお問い合わせ


イオン交換樹脂事業部
  • TEL:03-6748-7146

イオン交換樹脂事業部の製品一覧を見る[別窓表示]