ヒシプレートFMシリーズは、このクリーンルーム用材料の難燃性試験法であるFM4910認定を受けたプラスチック板で、これを使用した半導体・液晶表示装置(LCD)の製造装置は、設備の保険料が低減され、経費の節減が図れます。
この製品のより詳しい情報は専門サイトでご覧いただけます。

ヒシプレート®ナビゲーター[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

  • 着火・延焼しにくい。
  • 着火しても発煙量が少ない。
  • 通常の工業用塩化ビニル板と同等の加工が可能。
  • 通常使用条件での耐薬品性も汎用の工業用塩化ビニル板と同等。
  • 一般用、耐熱用、耐熱透明の3タイプの品揃え。

適応規格

[閉じる]


Clean Room Materials Flammability Test Protocol(クリーンルーム用材料の難燃性試験法)

  • [規格No]…FM Test Standard 4910
  • [発効日]…1997年10月1日

試験条件

各種条件で燃焼試験を行い、次の項目を求めます。

  • 発煙性(SDI)(Smoke Development Index)…0.4以下
  • 火炎伝播性(FPI)(Fire Propagation Index)…6.0以下

関連資料

[閉じる]

カタログ・資料

以下の資料等をご希望の場合は、お問い合わせフォームに資料名を明記の上、ご請求ください。

  • プレート総合カタログ
  • ヒシプレート規格一覧表
  • 安全データシート

製品に関するお問い合わせ


機能成形材事業部 樹脂板営業グループ
  • TEL:03-6748-7409

機能成形材事業部の製品一覧を見る[別窓表示]