jER®
jER®(旧*エピコート®)樹脂は三菱油化(現:三菱ケミカル)が最も早く国産化したエポキシ樹脂です。長年にわたる研究と蓄積された技術をもとに、製造・販売・研究開発を一貫した体制で行っており、様々なニーズに対し迅速・柔軟に対応致します。(*エピコート®は現在米国 ヘキシオン社の商標です。)

取扱店[別窓表示]

お問い合わせ

jER®とは

[閉じる]

エポキシ樹脂は末端に反応性のエポキシ基を持つ熱硬化型の合成樹脂で、代表的なタイプとしてはビスフェノールAとエピクロルヒドリンとの縮合反応により製造される、いわゆるビスフェノールA型エポキシ樹脂があります。このタイプは次に示す化学構造を有し、繰り返し単位(n=0、1、2、・・・)の違いにより各種のグレードがあります。
また、取り扱い作業上の便宜を図るために反応性希釈剤を添加した低粘度グレードや、溶剤に溶解した溶液グレードもあります。

エポキシ樹脂jER®の 特長

エポキシ樹脂は、各種の硬化剤と反応させると不融不溶の三次元硬化物となり、次に述べる数々の特長を備えた高性能、多機能樹脂として広汎な用途に利用されています。

  • 各種変性剤(充填剤、可撓性付与剤、希釈剤など)による変性自由度が高く、特定の性能要求性に適合させることができる。
  • 硬化収縮が小さく、寸法安定性に優れている。
  • 金属、磁器、コンクリートなどに対する接着力が強い。
  • 機械的強度が強い。
  • 絶縁物としての電気特性に優れている。
  • 可撓性に優れている。
  • 耐熱性に優れている。
  • 耐磨耗性に優れている。
  • 耐薬品性、耐水性、耐湿性に優れている。

エポキシ樹脂の種類

前記ビスフェノールA型の基本樹脂のほかに、硬化物に特定の性能を与える特殊エポキシ樹脂も製造販売しています。
主要なタイプとしては、次のものがあります。

  • ビスフェノールF型エポキシ樹脂…低粘度で作業に優れる。
  • 多官能エポキシ樹脂…硬化物は耐熱性、耐薬品性に優れる。
  • 可撓性エポキシ樹脂…硬化物の耐クラック性などが改良される。
  • 臭素化エポキシ樹脂…硬化物に難燃性を与える。
  • 高分子型エポキシ樹脂…硬化塗膜は機械加工性に優れる。
  • ビフェニル型エポキシ樹脂…硬化物は耐熱性、低応力性に優れる。

これら特殊樹脂は硬化物に対する特別の性能要求を満たすために、単独またはビスフェノールA型エポキシ樹脂と組み合わせて使用されています。

カタログ[別窓表示]

用途

[閉じる]

塗料、電気絶縁材料、複合材料、土木建築材料、接着剤、次工具等の用途に使用されます。
詳細は、エポキシ樹脂jER®のホームページを参照して下さい。下の用途よりリンクしています。

塗料

電気絶縁材料

複合材料

土木建築材料

接着剤

治工具

その他用途

取扱い上の注意

各製品安全性データシート(SDS)を参照願います。


ラインナップ・仕様

[閉じる]

各種エポキシ樹脂の詳細

分子量、基本骨格を変えることにより、液状、固形、粉末など幅広い製品を揃え様々なニーズに対応しています。
それぞれのタイプをクリックするとエポキシ事業部の製品案内ページにジャンプします。


製品に関するお問い合わせ


エポキシ事業部
  • TEL:03-6748-7149

エポキシ事業部の製品一覧を見る[別窓表示]