ビスフェノールA

ビスフェノールAは、フェノールとアセトンとの反応で製造され、エポキシ樹脂等のプラスチック原料や樹脂添加剤として用いられる。三菱ケミカルのビスフェノールAは、純度が高いのが特長です。

  • CAS:No.80-05-7
  • EINECS:No.201-245-8
  • 化審法:No.4-0123
  • 毒物劇物取締法:該当せず
  • 消防法:該当せず

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

一般名 ビスフェノールA
BPA
2,2'-ビス(4-ヒドロキシフェニル)プロパン
構造式 ビスフェノールA
官能基・化合物分類 ベンゼン環
ヒドロキシ基(フェノール性水酸基)
CAS No 80-05-7
既存化学物質番号 4-123
化学式 (CH3)2C(C6H4OH)2
分子量 228
外観 白色の固体
融点(℃) 153
沸点(℃) 360
比重 1.2
引火点(℃) 207
発火点(℃) 600
爆発範囲(%) なし

用途

[閉じる]

エポキシ樹脂、ポリカーボネート樹脂の原料として使用される他、合成樹脂の安定剤、酸化防止剤等として使用されます。

関連資料

[閉じる]

SDS(安全データシート)

GSS(GPS安全性要約書)

製品に関するお問い合わせ


フェノール・ポリカーボネート事業部
  • TEL:03-6748-7128

フェノール・ポリカーボネート事業部の製品一覧を見る[別窓表示]