炭酸ジフェニルは、塩化カルボニルとフェノールとの反応によって製造されています。主にポリカーボネート樹脂の原料として使用されます。三菱ケミカルの炭酸ジフェニルは、イオン性の不純物が管理された、高純度の製品です。

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

一般名 英語名:ジフェニルカーボネート(Diphenyl carbonate; DPC)
日本語名:炭酸ジフェニル
構造式
官能基・化合物分類 カーボネート、エステル
CAS No. 102-09-0
既存化学物質番号 (3)-2490
化学式 C13H10O3
分子量 214.22
外観 フレーク状の白色固体
融点 78-82
沸点 302-306
比重 データなし
引火点(℃) データなし
発火点(℃) データなし
爆発範囲(%) データなし
用途 ポリカーボネート樹脂の原料やフェニルエステル化の原料として使用される。

製品に関するお問い合わせ


お電話がつながりにくくなっています

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、社員のテレワークや時差出勤を実施しています。お電話がつながりにくい状況となっておりますので、お問い合わせフォームをご利用ください。

サスティナブルポリマーズセクター
ポリカ―ボネートユニット

ポリカ―ボネートユニットの製品一覧を見る[別窓表示]