当社製品 「低周波誘導加熱装置(ネスコヒーター)」は、通常の商用電源を利用し、電磁誘導により、槽・パイプ等に直接2次電流を流すことで缶体を発熱させ(ジュール熱)、内部流体を加熱する装置です。反応槽型、多管型、蛇管型の3タイプがあります。

三菱ケミカルエンジニアリング株式会社 低周波誘導加熱装置(ネスコヒーター)[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

ネスコヒーターとは

ネスコヒーター(低周波誘導加熱装置)は、通常の商用電源を利用し、電磁誘導により、槽・パイプ等に直接2次電流を流すことで缶体を発熱させ(ジュール熱)、内部流体を加熱する装置です。

当社のネスコヒーターは、反応槽型、多管型、蛇管型の3タイプがあって、お客様の温加熱の多様なニーズにお応えします。

 

ネスコヒーターの概要

反応槽型

多管型

蛇管型

食品、合成化学、製薬、塗料、油脂の各分野に使用される反応釜、蒸留釜、溶解槽等の高温加熱ヒーターとして最適な誘導加熱装置です。

高温加熱に最適電気ヒーター方式を採用し熱媒加熱の悩みを解消。
熱媒加熱ではありません。コンタミのないクリーンかつ安全な多管式誘導加熱ヒーターです。

高温加熱に最適蛇管式構造により超高圧を実現。
比較的小流量の連続加熱に適しています。特に石炭液化等の高温加熱用途で多くの実績があります。

 

 

 

 

写真:反応槽型ネスコヒーター

 

■ 特長

当社のネスコヒーター(低周波誘導加熱装置)は、つぎの特長があります。

・直接加熱構造により高精度で効率的な加熱が可能
・高温加熱(200~700℃)が可能
・電気熱源の為、迅速なスタートで操作も簡単
・長寿命&メンテナンスフリー構造
・コンパクトな装置構成
・熱媒加熱の不安、漏れ、健康障害、環境汚染を解消
・防爆認定品、同準拠品とも製作可能

用途

[閉じる]

低周波誘導加熱装置(ネスコヒーター)は、食品、合成化学、製薬、油脂の各分野に使用される反応釜、蒸留釜、溶解槽等の高温加熱ヒーター、また石炭スラリー液、高温リボイラー等の加熱としても使用されます。

ネスコヒーター(低周波誘導加熱装置)は、各種タイプ別に次のような用途で使用されます。

ネスコヒーターの用途

反応槽型

多管型

蛇管型

•各種化学装置における多目的反応槽 •オートクレーブ •真空蒸発機
•真空薄膜蒸留装置
•溶剤等の蒸発加熱装置
•亜臨界加熱装置
•超臨界加熱装置
•粉体加熱装置

•高温ガス反応装置
•気相反応装置
•多目的反応予熱装置
•高温リボイラー
•過熱蒸気発生装置
•触媒反応装置
•防爆ヒーター
•プロセスヒーター

•高圧気体の高温加熱
•石炭スラリー液の加熱
•高温・高圧ガス発生装置
•過熱蒸気発生装置
•超高圧配管加熱装置
•亜臨界加熱
•超臨界加熱
•多目的予熱装置

 

 

 

ラインナップ・仕様

[閉じる]

ネスコヒーター(低周波誘導加熱装置)の各種タイプ別仕様はつぎの通りです。

ネスコヒーターの仕様

反応槽型

多管型

蛇管型

•容量:1~10,000L
•出力:1~360kw
•温度:~550℃
•段数:1~3段

•伝面:0.2~37m2
•出力:2~140kw
•温度:~450℃
•段数:1~3段

•伝面:0.3~13m2
•出力:2~120kw
•温度:~700℃
•圧力:~20MPa

 

 

 

製品に関するお問い合わせ


三菱ケミカルエンジニアリング株式会社
  • TEL:03-6262-0011

三菱ケミカルエンジニアリング株式会社の製品一覧を見る[別窓表示]