広島研究所 広島研究所:保有技術

研究成果事例

①MMA製造触媒および新規機能性モノマー

MMAは透明樹脂PMMAの原料モノマーであり、三菱ケミカルグループのモノマー生産能力は世界No.1です。MMA製造のための高性能触媒開発によりプラントの競争力を高めるとともに機能性メタクリレートモノマーの開発によりグローバルNo.1のMMA事業を技術で支えています。

②モスアイ型高性能フィルム

モスアイ型高性能フィルム

高性能フィルム<モスマイト™>は蛾の目(モスアイ)が有する微細な凹凸構造を模倣したバイオミメテック材料であり、ナノメートルオーダーの微細凹凸構造を有する事から、反射防止効果や虫滑落効果、防曇性などを同時に発現できます。

③高機能アクリル樹脂

アクリル樹脂の高い透明性や耐候性、成形加工性を維持しつつ、独自の分子設計、配合等の技術を駆使し、高機能のシート、フィルムや樹脂添加剤として、お客様にソリューションを提供しています。

④高強度炭素繊

高強度炭素繊

長年培ってきた紡糸・焼成技術をベースに、多様化するお客様の御要望にお応えする製品を開発しています。強度と弾性率の発現を両立した高強度中弾性率炭素繊維<パイロフィル®MR70>は、炭素繊維の欠陥を徹底的に排除することにより開発に成功しました。