大阪研究所 大阪研究所:保有技術

研究成果事例

①生分解性特殊水溶性樹脂

「Nichigo G-Polymer&」は世界に類を見ない新規ビニルアルコール系樹脂、ブテンジオール・ビニルアルコール共重合樹脂(BVOH)です。非晶部の凝集力と結晶性を自在に制御でき、優れた透明性や耐溶剤性に加え、ガスバリア性、成形加工性、生分解性を同時に実現する環境に優しい水溶性樹脂として、幅広い用途での利用が進んでいます。

②医薬品添加物適合ポリビニルアルコール

「ゴーセノール™ EG-Pシリーズ」は、精製工程を経たポリビニルアルコールです。結合剤、コーティング剤、増粘剤(点眼・点鼻薬)、貼付剤(パップ剤)、乳化剤、フィルム製剤基材等に使用可能で、幅広い用途開発を進めています。

③高機能粘接着剤

「コーポニール™ 」は、アクリル酸エステル主体の共重合樹脂です。光学特性と耐久性に優れた偏光板貼り合せ用粘着剤の開発に成功し、さらに紫外線硬化型樹脂「紫光™ 」の UV技術との融合により、独自の高機能粘接着剤を市場に展開しています。