サステイナブルリソース事業部

DURABIO™製品ページ

結果と考察


S. aureus 209Pの1mm2当たりの菌付着数colony-forming unit(CFU)平均値±SDは、ISB-PC A 4925±1613 CFU、ISB-PC B 3021±410.1 CFU、ISB-PC C 1116±410.1 CFU、ISB-PC D 788±521.2 CFU、ISB-PC E 328.3±300.9 CFU、PE 1.0x105±12437であった。図1bは** (p<0.01)で有意差が認められた。

E. coli K12の1mm<sup>2</sup>当たりの菌付着数、ISB-PC A 2298±691.8 CFU、ISB-PC B 1116±495.8 CFU、ISB-PC C 262.7±300.9 CFU、ISB-PC D 197±197 CFU、ISB-PC E 65.67±113.7 CFU、PE 53256±2990 CFUであった。図2bは** (p<0.01)で有意差が認められた。

イソソルバイドポリカーボネート濃度を考慮した表面積あたりの付着細菌数の評価結果より、S. aureus 209PとE. coli K12の細菌において,イソソルバイドポリカーボネートモル分率の上昇につれて付着菌数の減少が観察された。

次にイソソルバイドポリカーボネートの表面特性評価として、親疎水性の観点から水滴接触角測定につき実施した結果、ISB-PC A 75°、ISB-PC B 69°、ISB-PC C 66°、ISB-PC D 64°、ISB-PC E 60°となり、イソソルバイドのモル分率が上昇すると親水傾向となり、水滴接触角は低下することが認められた(図3a、3b)。このことから、イソソルバイドモル分率増減により、水滴接触角が変化する現象から表面の親水性が撥菌性に関与していることが考察される。またこの現象は細菌の付着時の洗浄性向上現象が生じる。この現象が細菌の付着に影響を及ぼした可能性も考えられる。イソソルバイドポリカーボネートモル分率はバイオフィルム形成の第一段階に影響するものと考えられる。

材料の機能は界面などを含む表面状態に支配されている場合が多く、界面の研究から種々の新しい現象や、それに基づく新規材料が生まれてきている。このような観点から、界面の制御や利用による材料の高機能化を目指して、表面や界面の材料創製のための研究が進展している。本研究結果から得られた情報を、モノづくりにフィードバックすることで、今後この分野の革新に大きく貢献できると考えられる。環境にやさしく高機能な植物由来プラスチックの幅広い分野への応用につながる可能性が見込まれる。

Figure.1a; Evaluation of adhering bacteria of Staphylococcus aureus 209P

Figure.1a

Evaluation of adhering bacteria of Staphylococcus aureus 209P
Figure.1b; Correlative evaluation between adhering bacteria of Staphylococcus aureus 209P and dependence of ISB content

Figure.1b

Correlative evaluation between adhering bacteria of Staphylococcus aureus 209P and dependence of ISB content
Figure.2a; Evaluation of adhering bacteria of Escherichia coli K12

Figure.2a

Evaluation of adhering bacteria of Escherichia coli K12
Figure.2b; Correlative evaluation between adhering bacteria of Escherichia coli K12 and dependence of ISB content

Figure.2b

Correlative evaluation between adhering bacteria of Escherichia coli K12 and dependence of ISB content
Fig3a; Contact angle of water droplet of DURABIO

Figure.3a

Contact angle of water droplet of DURABIO
Fig3b; Contact angle of water droplet of DURABIO(Observation photo)

Figure.3b

Contact angle of water droplet of DURABIO (Observation photo)

次のページへ

出典

高分子論文集 74 巻 (2017) 6号 p. 631-634
出版元; 公益社団法人 高分子学会