メタブレン事業部

ポリオレフィン用添加剤の開発による機能性向上

ポリオレフィンやエラストマーの高機能化トレンドを受け、ポリマーの相溶性を制御することでポリオレフィン用の加工助剤の開発に成功しました。例えばポリプロピレン等の溶融張力を向上するP-1050を上市し、エコ電線等の分野で実績を伸ばしています。
さらに滑性付与、フィラー分散性向上などを可能とする添加剤を開発し、異型押出やフィラー高充填時の形状安定化や外観向上、トルク低減、目やに防止など様々な機能を提案しています。また加工助剤だけでなく、難燃ポリオレフィン用のアンチドリップ剤を開発し、とりわけ非ハロゲン系であるリン酸塩系難燃剤と組み合わせることで高い難燃効果を発現することに成功しました。
これらの添加剤は電線・家電分野や自動車分野などでの展開が期待されます。

環境対応ニーズに合わせたプラスチック用添加剤群の開発

世界的に環境対応ニーズが高まる中、環境へ配慮した製品群を開発・上市しています。
例えば、自動車等での軽量化ニーズを踏まえ薄肉成形を容易にする流動性向上剤の開発を行っています。
またポリオレフィン等衛生協議会のポジティブリスト適合の衝撃強度改質剤W-600Aを上市し、ポリ乳酸を始めとするバイオマスプラ市場の発展に貢献しています。今後は、3Dプリンタ(FDM方式)のフィラメント等への展開も期待されます。

ポリ乳酸(PLA)への適用

1. 衝撃強度改質剤の添加効果(PLA)

2.衝撃強度改質剤の添加効果(PLA/PMMAアロイ)

エポキシ樹脂用添加剤(応力緩和剤、プレゲル化剤)の開発

メタブレンは、熱硬化性樹脂用のニーズにもお応えすべく、分散性に優れた製品の開発も行っています。
エポキシ樹脂を主な対象としたイオン純度・分散性・粘度特性・低弾性化に優れた応力緩和剤と硬化前のエポキシ樹脂の粘弾性を制御して擬似Bステージ化するプレゲル化剤を開発しました。

樹脂改質剤 メタブレン 品種一覧

樹脂改質剤 メタブレン事業部取扱い製品一覧