アルミ製錬で培った高度なノウハウを活かし、アルミニウム合金の鋳造から、同加工製品、樹脂成形用金型材の製造・販売までを一貫して手掛けています。
特に製造面では、高品質をモットーにお客様にご満足いただけるモノ造りに取り組んでいます。また、アルミ鋳塊内のミクロ組織のばらつきを均一微細化する特殊な鋳造技術を開発するなど、技術開発にも注力しています。

お問い合わせ

樹脂成形用アルミ合金金型材KN500

切削テスト型
切削テスト型

[KN500]はJIS A5083相当成分の特殊連続鋳造材。
アルミ合金材は鋼材に比べて軽量で加工性が良い等の特性があり、金型材の他や真空容器及び治工具類にも使用されるようになっています。

特長

  • 超大型ブロックが短納期
  • 加工歪が非常に小さいため、歪取り加工がほとんど不要
  • 高速切削が可能で仕上面滑らか
  • 優れた溶接性
  • 軽量(比重 鋼の1/3)
  • 優れた熱応答性、温度分布

用途

金  型:
射出成形、ブロー成形、発泡成形、RIM成形、真空圧空成形
真空容器:
トランスファーチャンバー、バルブ
治工具 :
ベース板、航空機治具、機械部品

高強度アルミニウム合金KN700

バンパー金型
バンパー金型

亜鉛合金と同等の強度を持ちながら、靭性(伸び)が優れた合金を実現しました。(自動車のガソリンタンク等ブローの量産型に幅広く使用中)

特長

  • 極厚対応が可能
  • 亜鉛合金より強度アップ
    • 靭性が3倍強(金型のクラック解消)
    • 硬度で25%アップ
  • ピンホール解消
  • 軽量(亜鉛合金の約1/3)

高精度大型部材、特殊部材用KN520

KN材荷姿例
KN材荷姿例

加工歪みが極めて小さい製品です。FPD及び半導体製造装置等、治具に最適です。

特長

小さい加工歪の特性を活かし、極厚、広幅対応が可能。特に高精度大型部材、特殊部材用途向けに 短納期も可能です。
又、一般加工冶具、切削加工品としても幅広くご使用頂けます。

物性比較/サイズ

硬度比較

歪み量データ

  B点の歪み量(μm)
KN500 12
KN520 12
KN700 400

当社試験による代表値 その他は文献等による参考値

物性比較(当社試験による代表値)

  KNシリーズ
KN500 KN520 KN700
引張強さ (N/mm2 250 180 343
0.2%耐力 (N/mm2 120 70 245
伸び (%) 15 25 10
硬度 (HB) 65 45 100
縦弾性係数 (kN/mm2 70.6 70.0 71.1
比重 (Mg/m3 2.7 2.7 2.8
比熱 (J/kg・°C) 963 963 963
熱膨張係数 (x10-6/°C) 24.2 23.8 23.6
熱伝導率 (W/m・°C) 120 138 160

当社試験による代表値 その他は文献等による参考値

切削加工用アルミ合金 KNシリーズ

製品ラインナップ&サイズ


T W L
KN500 通常品 20~585 200~2,130 200~3,440
20~680 200~1,890 200~3,300
幅広品 20~390 200~2,500 200~4,000
KN520 通常品 20~585 200~2,130 200~3,440
20~680 200~1,890 200~3,300
幅広品 20~390 200~2,500 200~4,000
特注幅広品 390~490 200~2,500 200~3,400
KN700(T6品) 通常品 20~570 200~950 200~1,800
特注幅広品 20~490 200~1,500 200~1,800
  1. (1)上記寸法外でもご希望があればご相談願います。
  2. (2)特注幅広品は都度生産となりますので、納期につきましてはご相談願います。
  3. (3)各種加工(6面フライス、角度切断、荒彫り加工、タップ加工、丸物加工、溝加工等)も承ります。
  4. (4)
    切断寸法公差
    KN500、KN520 0,+5mm KN700 0,+8mmを保証致しますが、お客様の加工シロは 保証致しかねますのでご注意願います。


各種加工

特殊異形切断加工

斜め切断

斜め切断画像

L字切断他

L字切断画像

機械加工

粗彫

粗彫画像

中抜き

中抜き画像

フライス

フライス画像

タップ加工他

タップ加工画像

鋳造加工

鍛造

鍛造画像

製品に関するお問い合わせ


アルミナ繊維・軽金属事業部 営業1グループ
  • TEL:03-6748-7356

アルミナ繊維・軽金属事業部の製品一覧を見る[別窓表示]