ポリテールは三菱ケミカルの独自の触媒技術により開発した主鎖にポリオレフィン骨格を有し、末端に水酸基(-OH基)を有する、ポリヒドロキシポリオレフィンオリゴマーです。EPDMなどのポリオレフィン系エラストマーなどに添加することで接着性、柔軟性、滑り性、分散性等を付与することができます。
CAS:No.68954-10-9(T)
化審法:No.6-749
消防法:指定可燃物

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

基本構造

ポリテールは主鎖にポリオレフィン骨格を有し、末端に水酸基(-OH基)を有する、ポリヒドロキシポリオレフィンオリゴマーで、次のような基本構造を持っています。

基本構造

ポリヒドロキシポリオレフィンオリゴマー

化審法 既存化学物質番号 (6)-749
CAS No. 68954-10-9
TSCA 登録済み
  • EPDMなどのポリオレフィン系エラストマーとの良好な相溶性を有します。
  • ポリオレフィン系樹脂やゴムに添加することで接着性、柔軟性、滑り性、分散性等を付与することができます。
  • 末端水酸基を利用した種々の反応により、各種ポリマーの合成、変性が可能です。

用途

[閉じる]

  • 樹脂コンパウンド:成型物の接着性改良、滑剤、分散剤、相溶化剤
    *特にポリプロピレン、EPDMなどのポリオレフィン系樹脂に適しています。
  • ポリオレフィンコーティング材
  • 接着剤
  • 塗料
  • シーリング材、止水材
  • 電気絶縁材

ラインナップ・仕様

[閉じる]

グレード名 ポリテールH
外観 淡褐色固体
融点(℃) 60~70
溶融粘度( mPa・s /at100℃) 1000~1600
ヨウ素価(g/100g) 5以下
水酸基価( mgKOH/g) 45~50

製品に関するお問い合わせ


ファインケミカルズ事業部
  • TEL:050-3139-2132(ポリテール担当)

ファインケミカルズ事業部の製品一覧を見る[別窓表示]