コアブリッド・サーモキャッチとは、当社の芯鞘紡糸技術により開発した白色系発熱保温・導電ファイバーで、太陽光を熱エネルギーに変換する発熱保温機能と衣服のまつわりつきやパチパチ音を抑制する帯電防止機能を兼ね備える画期的なアクリルファイバーです。
コアブリッド・サーモキャッチは、白色系であるためアクリル繊維独自の発色性を維持し、ウインターシーズンのスポーツウェアー、カジュアルウェアーに最適な素材です。

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

コアブリッド・サーモキャッチの作り方のひけつ

コアブリッド・サーモキャッチは、紡糸原液中に複数の特殊物質をブレンドして作ります。このため洗濯や着用による性能低下がなく、その効果は半永久的です。

コアブリッド・サーモキャッチの繊維断面①

コアブリッド・サーモキャッチの繊維断面②

コアブリッド・サーモキャッチの暖かさと静電気防止のひみつ

コアブリッド・サーモキャッチの静電気防止機構

暖かさは、特殊物質の分子が光を受けることにより、活発に振動して熱に変わるのです。
特殊物質に導電性を持たせたことで、静電気の帯電を抑制する力を高めました。静電気を瞬時にコロナ放電させることにより、嫌なパチパチ音やショックはもちろん、まつわりつきやホコリの吸着を防ぎ安心で清潔・快適な生活を維持します。

コアブリッド・サーモキャッチの効果は

太陽光照射後10分~15分でピーク温度に達し、照射遮断後約10分で照射前の温度に戻ります。

自然気象条件は時々刻々と変化し、一定では有りませんが晴れ・薄曇り状況下においては本来の効果を発揮し、雨天や厚い雲に覆われた場合には、その効果が低下します。
また風は熱を奪い去るので暖かさが低下するのはレギュラー品も同じですが、ファブリケーションで防風対策を実施することにより改善できます。

  • 試験方法:実際の野外にマネキンに製品を着せて表面温度を測定
  • サンプル:Corebrid Thermocatch10%/コットン90%、コットン100%のセーター
  • 試験日時:2012年1月7日 13:30
  • 気象データ:晴、 降水量 0mm、気温 6.7°C、風速 3.8m/s、風向 北北東
  • 試験機関:ユニチカガーメンテック

コアブリッド・サーモキャッチの高い静電気抑制機能と優れた耐久性

コアブリッド・サーモキャッチの静電気抑制機能はファイバー自体に付与された導電性を利用しているので、一般の制電繊維に比べ安定した高い静電気抑制効果を発揮します。低温・低湿度環境下でも性能の低下はありません。コアブリッド・サーモキャッチの性能は、厚生労働省安全研究所基準にある静電気帯電防止作業服基準をクリアーしています。

用途

[閉じる]

  • 衣料
    セーター、中綿、ダウンジャケットなど
  • インテリア
    ブラシ、紐、ロープ、カーペット、不織布など

製品に関するお問い合わせ


繊維素材事業部 繊維営業グループ
  • TEL:06-7663-8156

繊維素材事業部の製品一覧を見る[別窓表示]