FORGED MOLDING COMPOUNDロゴ

特徴・利点

炭素繊維強化ビニルエステル樹脂中間材の特徴

  • 速硬化プレス成型 (2分@140℃ 厚み2mm)
  • 良好な流動性(大型複雑成型可能)
  • 優れた機械物性(標準品:炭素繊維含有率 53wt%)
    • 引張強度 150MPa
    • 引張弾性率 30GPa

利点

  • 軽量化(優れた機械物性)
  • 短サイクル
  • 複雑形状対応・部品統合
  • 廃棄材料削減

成型プロセス

対象部品

  • Toyota PRIUS PHV - バックドアインナー(AL部品比 40%軽量化・部品点数 20%削減・量産品)
  • LEXUS LC500h - サイドドアインナー・ラゲッジインナー(量産品)

未来への提案

  • ターゲットは、鉄・アルミ部品(鋳造・鍛造、削り出し)代替
  • グループ会社との協業による、FMC(Forged Molding Compound™)に最適化したデザイン・材料・プロセスのご提案

炭素繊維プレス成型材料 - 短繊維[PDF]1,234 KB)

炭素繊維・複合材料

お問い合わせ


東日本支社 モビリティセグメント
  • TEL:03-6748-7531