パパインは、パパイヤの実から抽出した植物プロテアーゼです。たんぱく質全般を小さなペプチドまで加水分解します。

取り扱い会社の製品情報ページ[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

■ パパインとは

パパインは、パパイヤの実から抽出した植物プロテアーゼです。

基原
Carica papaya (パパイヤ)

力価
パパイン活性(公定書法):80万~100万

■ 特長

パパインは、パパイヤの実から抽出した植物プロテアーゼです。至適pHを中性付近に持ち、たんぱく質全般を小さなペプチドまで加水分解します。基質特異性が広く非常に安定な酵素で、中性溶液中では強い耐熱性を有します。

用途

[閉じる]

たんぱく質加工に使用されます。

食肉の軟化、畜水産物からの調味エキスの製造

ラインナップ・仕様

[閉じる]

成分及び配合量%

成分名

配合量(%)

備考

パパイン

60%

主剤

食品素材

40%

マルトデキストリン

包装形態
1kg:アルミラミネート袋

表示方法
酵素、パパイン、表示なし※
※最終商品において熱失活されたり、除去されたりしていて酵素としての本質を有しない場合は加工助剤となり表示免除となります。

図 精製パパインの活性

      pH活性           温度活性

詳しくはこちらをご覧下さい。

製品に関するお問い合わせ

三菱ケミカルフーズ株式会社


三菱ケミカルフーズ株式会社の製品一覧を見る[別窓表示]