スクラーゼ®Cは、植物細胞壁の主成分であるセルロースを分解するセルラーゼを主体とした酵素製剤です。

取り扱い会社の製品情報ページ[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

■ スクラーゼ®Cとは

スクラーゼCは、セルロースを分解するセルラーゼを主体とした酵素製剤です。

基原
Trichoderma longibrachiatum

力価
セルラーゼ:3,000 u/g 以上

■ 特長

スクラーゼCに含まれるセルラーゼは、菌類(Trichoderma longibrachiatum)から抽出した強力な酵素です。植物組織の分解に優れた効果を発揮します。

スクラーゼCは、以下の特長をもつ酵素製剤です。
1)非常に高いセルラーゼ活性を含み、少ない添加量で効果を発揮します。
2)温度安定性に優れ、高温での反応性が良好です。
3)セルラーゼの他に、キシラナーゼ、ペクチナーゼ等を含み植物組織分解等への相乗効果が期待できます。

用途

[閉じる]

植物性素材加工に使用されます。

野菜・果実の繊維分解、消化促進、植物からのエキス・フレーバー・色素抽出効率アップなど。

ラインナップ・仕様

[閉じる]

成分及び配合量%

成分名

配合量(%)

備考

セルラーゼ

40%

主剤

食品素材

60%

デキストリン

■包装形態
1kg:アルミラミネート袋

■表示方法
酵素、セルラーゼ、表示なし※
※最終商品において熱失活されたり、除去されたりしていて酵素としての本質を有しない場合は加工助剤となり表示免除となります。

スクラーゼCの酵素特性

       pH活性            温度活性

詳しくはこちらをご覧下さい。

製品に関するお問い合わせ

三菱ケミカルフーズ株式会社


三菱ケミカルフーズ株式会社の製品一覧を見る[別窓表示]