ユピエース(変性PPE樹脂)とは、三菱ガス化学(株)が独自の技術で開発したポリフェニレンエーテル(PPE)と、ハイインパクトポリスチレンを主成分とした非晶性のエンジニアリングプラスチックです。

三菱エンジニアリングプラスチックス "Iupiace" ページ[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

一般的なポリフェニレンエーテル樹脂(Polyphenyleneether 略記号:PPE)は、2,6-ジメチルフェノールを原料とする非晶性のプラスチックですが、単体では溶融時の流動性が極めて低く成形温度が非常に高くなるため、通常、他のプラスチックスとアロイ化された変性ポリフェニレンエーテル樹脂(modified polyphenyleneether 略記号:m-PPE)として用いられます。

一般的なポリフェニレンエーテルの化学構造式

ユピエースの特徴

  • 広い温度範囲で剛性、耐衝撃性、耐疲労性等が安定しています。
  • 絶縁性に優れ、誘電率、誘電正接が低いので、電気的用途に安心して使用できます。
  • 吸水率が小さく、強度的にも安定しています。
  • 荷重たわみ温度か高く、熱処理による物性低下も小さく、熱安定性にも優れています。
  • 自己消火性であり、難燃性に優れていますので、電気機器の用途に最適です。
  • 比重が小さいので経済的で軽量化が可能です。
  • 成形収縮率が小さく、成形条件の影響を受けにくいので、精密成形分野に適しています。
  • 離型性と流動性が良く、成形温度範囲が広いので成形が容易です。

用途

[閉じる]

ユピエース(変性ポリフェニレンエーテル樹脂)は電気特性、難燃性、耐熱性、寸法安定性、成形性等のバランスが良いため、それらの条件が要求される構造材料として幅広い分野で使用されています。
また、電気機器の規格として厳しいと定評のあるUL規格を取得し、CSA規格をクリアしていますので、家電製品や電気部品等で電気的接触の多い部分への使用が効果的です。

ユピエースが使用されている自動車部品については、こちらをご参照下さい。

機能アピールグレード

変性PPE(ポリフェニレンエーテル樹脂)LiB,PV向け材


変性PPE(ポリフェニレンエーテル樹脂)高誘電材料


ラインナップ・仕様

[閉じる]

ユピエースには、難燃(非強化又は強化)、高流動(シャーシ向けを含む)、制振、摺動、導電といった幅広いグレードがあります。
詳細情報は以下をご覧下さい。
ユピエース グレード一覧

製品に関するお問い合わせ

三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社の製品一覧を見る[別窓表示]