SDメモリーカードとは、フラッシュメモリーの一つで、データの書き換えができ、機器の電源を切ってもデータが消えないという特徴があります。デジタルカメラや携帯電話、テレビやゲーム機などさまざまな電化製品に幅広く使われています。SDカード、miniSDカード、microSDカードと大きさの違うものがあります。

取り扱い会社の製品情報ページ[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

■ メモリーカードとは

現在使われているSDカードは、大きく分けてデジカメやデジタルビデオカメラ、デジタルフォトフレームなどで使用されている「SDカード」とケータイやスマートフォンなどの小型機器で使用されている「microSDカード」があります。 「SDカード」「microSDカード」は、当初最大2GBまでの規格だったのですが、より大容量化のために、4GB~32GBの「SDHCカード」「microSDHCカード」、64GB以上の「SDXCカード」「microSDXCカード」と規格を拡張していきました。 大容量規格のカードを使用するには使用機器側の対応が必要になります。

SDメモリーカードとはSDカードともいい、現代のデジタルメディアに欠かせない記憶媒体です。フラッシュメモリの一つで、データの書き換えができてなお、機器の電源を切ってもデータが消えないという特徴があります。 SDカードをご利用の際には、miniSDカード・microSDカードと大きさの違うものがあるので注意が必要です。また、8MB~2GBとメモリ容量の違いもあるので、場合によっては対応していないことがあるので、お手持ちの機器の取扱説明書を確認することをおすすめします。

miniSDカード
は、SDメモリーカードとは電気的に互換性があり、端子の変換のみの簡易な構造のアダプタに装着することでSDメモリーカードとしても利用できます。 実際に販売されているminiSDカード製品の多くは、アダプタを同梱しています。 日本では主に携帯電話端末向けに利用されていましたが、近年はより小型化されたmicroSDカードを採用することがほとんどになりました。

microSDカードは、外形寸法は11mm×15mm×1mmと、汎用品として使われているリムーバブルメディアの中で最も小さい寸法です。miniSDの場合と同様に、SDメモリーカードとは電気的に互換性があり、microSDカードを変換アダプタに装着することによって、SDメモリーカードやminiSDカードとして利用することができます。

SDHCメモリーカード
は、物理的な寸法はSDメモリーカードと同一で、上位互換性を保持しているため、SDHC対応機器でSDメモリーカードを扱うことができます。 デジタルカメラの高画素化や動画撮影機能の充実によってデータの大容量化が進行し、SDHCメモリカードでは、最大32GBまでの大容量化が可能となりました。 追加された仕様により下位互換性は存在しないため、旧来のSDメモリカード対応機器はSDHCメモリーカードを扱うことはできません。

SDXCメモリーカード
は、ファイルシステムにexFATを採用するとともに、転送速度の高速化を図った仕様で、デジタルカメラの1000万画素以上の高画素化やHD動画撮影機能の登場によって必要となった、さらなる大容量化に対応しています。 物理的な寸法は旧来のSDメモリーカード規格と同一で、上位互換性を保持しており、SDXC対応機器でSD/SDHCメモリーカードを扱うことができます。


■ 特長

SDメモリーカードは、非常に簡素な構造と技術を採用し、扱いやすい大きさや形状、側面の誤消去防止用の物理プロテクトスイッチ、SD Music Initiative(Secure Digital Music Initiative, SDMI)準拠の著作権保護機能など、家電などにおける幅広い用途を直接意識した機能が特長です。「SDカード」「microSDカード」は、当初最大2GBまでの規格だったのですが、より大容量化のために、4GB~32GBの「SDHCカード」「microSDHCカード」、64GB以上の「SDXCカード」「microSDXCカード」と規格を拡張していきました。大容量規格のカードを使用するには使用機器側の対応が必要になります。

用途

[閉じる]

SDメモリーカードとは、現代のデジタルメディアに欠かせない記憶媒体です。
フラッシュメモリの一つで、データの書き換えができてなお、機器の電源を切ってもデータが消えないという特徴があります。

現在使われているSDカードは、大きく分けてデジカメやデジタルビデオカメラ、デジタルフォトフレームなどで使用されている「SDカード」とケータイやスマートフォンなどの小型機器で使用されている「microSDカード」があります。 近年では携帯電話以外にデジタルオーディオプレーヤーなどにも容量増設用としてmicroSDスロットが設置されているものもあります。
映像ソフトの媒体としても使用されるようになりました。映画などがDVD-VideoまたはBlu-ray DiscとmicroSDのセット、あるいはmicroSD単体で販売されています。
ワンセグ放送と互換性のあるフォーマットで収録されており、広く普及しているワンセグ対応携帯電話などで手軽に再生できるのが特長です。

「SDカード」「microSDカード」は、当初最大2GBまでの規格だったのですが、より大容量化のために、4GB~32GBの「SDHCカード」「microSDHCカード」、64GB以上の「SDXCカード」「microSDXCカード」と規格を拡張していきました。
大容量規格のカードを使用するには使用機器側の対応が必要になります。対応メモリーカードは機器の製品仕様などに掲載されているので、ご確認ください。

SDカード、microSDカードの容量表示を示します。


図 SD/microSDカードの種類と容量

製品に関するお問い合わせ


日本総代理店 (株)アイ・オー・データ機器 Verbatim(バーベイタム)お問い合わせ窓口
  • TEL:050-3116-3022 受付 平日9:00-17:00 (土・日・祝日および休業日を除く)

三菱ケミカルメディア株式会社の製品一覧を見る[別窓表示]