USBメモリ(USB flash drive)とは、コンピュータのUSBポートに接続して使用する記録メディアです。 専用のドライブ装置を必要としないため利便性が高い、モーター回転部などの駆動部がないため衝撃に強い、小型で可搬性に優れる、という特徴を持ちます。

取り扱い会社の製品情報ページ[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

■ USBメモリーとは

USBメモリ(USB flash drive)とは、Universal Serial Bus (USB) を用いて、コンピュータのUSBポートに接続して使用するフラッシュメモリを使った記録メディアです。
かつてのフロッピーディスクに代わるメディアとして普及しています。持ち運びできる補助記録装置として人気が高く、メモリ容量は大容量化が進んでおり、256GBタイプも市販されています。
装置をパソコン(WindowsXP以降)のUSBコネクタに接続することで直ちに補助記憶装置として認識することができます。

典型的な製品の大きさは、長さ数センチメートル、幅と厚さはUSB A端子より若干大きい程度です。データの記録にはフラッシュメモリが使われており、記憶容量は数MBから最大512GBまでさまざまです。専用のドライブ装置を必要としないため利便性が高い、モーター回転部などの駆動部がないため衝撃に強い、小型で可搬性に優れる、という特徴を持ちます。
補助記憶装置としての機能面で製品の差別化を図ることが難しいため、データの読み書き速度を向上させた製品や、セキュリティ確保のために指紋認証機能を備えた製品、デザインに趣向を凝らした製品が販売されています。

三菱ケミカルメディアは、2008年より、USBメモリー、SDカード、ポータブルハードディスクドライブなどの製品をVerbatimブランドで販売してきました。 この度、三菱ケミカルメディアと、株式会社アイ・オー・データ機器は、2013 年4 月よりアイ・オー・データ機器がVerbatimR(バーベイタム)ブランドの光ディスクなどの製品(OEM 製品及び一部製品を除く)を国内で総代理店として販売する契約を締結することに合意いたしました。


■ 特長

典型的な製品の大きさは、長さ数センチメートル、幅と厚さはUSB A端子より若干大きい程度です。 データの記録にはフラッシュメモリが使われており、専用のドライブ装置を必要としないため利便性が高い、モーター回転部などの駆動部がないため衝撃に強い、小型で可搬性に優れる、という特長を持ちます。
USBメモリは小型で持ち運びが容易であり、便利な記憶装置であると同時に紛失や盗難の危険性が高く、顧客の個人情報漏洩など、保存しておいた機密情報の漏洩に繋がりやすいため、それを防止するセキュリティ対策が施されている製品があります。 暗号化ソフトの提供暗号化ソフトを、CD-ROMの形で添付したり、WEB上のサポートページを介してダウンロードさせたり、USBメモリの記憶領域内に置いて提供されます。

用途

[閉じる]

かつてのフロッピーディスクに代わるメディアとして普及しています。 持ち運びできる補助記録装置としてく、メモリ容量の大容量化が進んでおり、256GBを超えるタイプも市販されています。
OSが備えているデバイスドライバをそのまま使えるのでパソコンに差し込むだけですぐに利用することができます。 SDメモリーカードとともに持ち歩ける大容量フラッシュメモリの主力として用いられています。
データを保存する用途に加えて、パソコン以外の電子機器でもフロッピーディスクに代わる記憶媒体として用いられています。 しかし、 その容易さ故の危険もあります。暗号化やウィルス対策などセキュリティが施されていない物も多く、そのため、落下や盗難による紛失で情報漏えいの危険性や、自動実行のウィルスによるPCBへの感染などの被害も起きているので、注意が必要です。

製品に関するお問い合わせ


日本総代理店 (株)アイ・オー・データ機器 Verbatim(バーベイタム)お問い合わせ窓口
  • TEL:050-3116-3022 受付 平日9:00-17:00 (土・日・祝日および休業日を除く)

三菱ケミカルメディア株式会社の製品一覧を見る[別窓表示]