三菱ケミカルメディアは、DVD-R DL、DVD-RWをはじめ、多彩なデータ用DVD製品をラインアップしています。データ用DVDは、PCのデータ(映像データ以外も)を保存、コピー、バックアップする場合に使用します。自主編集した映像をDVDに保存することも可能です。

取り扱い会社の製品情報ページ[別窓表示]

お問い合わせ

特徴

[閉じる]

■ データ用DVDとは

三菱ケミカルメディアの片面2層ディスクには、録画用のDVD-R DL(デュアル・レイヤー)ディスクをはじめ、多彩な製品をラインナップしています。CPRM(Copy product random manage)という技術に対応しているディスクでは、デジタル放送の録画も楽しむことができます。媒体の形状や記録・読取方式はCD(コンパクトディスク)とほぼ同じですが記録容量がCDに対してはるかに大きく、通常の12cmで比較するとおよそ6倍になるため、CDでは不可能だった長時間映像の記録ができることが特長です。
通常のDVD-Rディスクには、データを記録できる「記録層」は片面1層にのみ設けられていますが、片面2層DVD-R(DVD-R DL:デュアル・レイヤー)ディスクは片面に「2層の記録層」を持っています。通常のDVD-Rは記録可能な容量が4.7GBであるのに対して、DLディスクは8.5GBの大容量を持っています。そのため、“高画質のままで長時間”の録画が楽しめることが大きな特徴です。
DVDレコーダーは録画を行う際に、ピックアップと呼ばれる部分からレーザー光をディスクに当てて、ディスクにデータを書き込んでいきます。片面2層DVD-Rに記録する際には、特性の異なるディスクの2つの記録層に、1層目の記録が終わったら、次に2層目へと自動的に記録する場所を移動させます。このような仕組みを採っているため、ユーザーは録画途中にディスクを裏返す手間が必要なくなるのです。

DVDの種類

DVD-R

一度だけ録画/記録を行うことができます。記録したデータは変更したり、削除したりすることはできません。"ファイナライズ"を行っていない場合、かつ書き込み可能な容量が残っていれば、追記可能です。
記録型 DVD の中では、再生可能な DVD プレーヤーが最も多く、低価格なので配布用メディアとして適しています。
ただし、DVDプレーヤーで再生する場合には、"ファイナライズ"を行う必要があります。

DVD-R DL

DVD-R DLの"DL"は、DualLayer(デュアルレイヤー)の略で、記録層を 2 つ持つことを意味し、一般的な DVD (片面 1 層) のおよそ2 倍 8.5 GB のデータを記録することができます。
DVD-R DL は、記録層の数をのぞけば DVD-R と構造はほぼ同じで、1 回だけデータを書き込むことができ、DVD プレーヤーで再生可能です。

DVD-RW

繰り返しデータの書き込みや書き換えが可能な DVDです。記録したデータを削除することもできます。DVD プレーヤーでも再生可能です。
ただし、DVDプレーヤーで再生する場合には、"ファイナライズ"を行う必要があります。

DVD+R

一度だけ録画/記録を行うことができます。記録したデータは変更したり、削除したりすることはできません。書き込み可能な容量が残っていれば、追記可能です。
記録型 DVD の中では、再生可能な DVD プレーヤーが多く、配布メディアとして適しています。

DVD+R DL

DVD+R DLの"DL"は、DualLayer (デュアルレイヤー)の略です。 DVD+R DLは、記録層の数をのぞけばDVD+Rと構造はほぼ同じで、一度だけデータを書き込むことができ、DVDプレーヤーで再生可能です。


用途

[閉じる]

DVDディスクは、媒体の形状や記録・読取方式はCD(コンパクトディスク)とほぼ同じですが、記録容量がCDに対してはるかに大きく、CDでは不可能だった長時間映像の記録ができることが特長です。DVDはCDと同じ大きさですが、CDは記録できる容量が最大で700MBであるのに対し、DVDは 4.7GB(片面 1層記録の場合)と、CDのおよそ7倍の容量を記録することができます。 DVDは映像記録の主要メディアに位置づけられており、データ用DVDは、PCのデータ(映像データ以外も)を保存、コピー、バックアップする場合に使用します。民生用カムコーダやノンリニア編集対応パソコンなどの普及に伴い、自主編集した映像をDVDに保存することも可能になりました。CPRM(Copy product random manage)という技術に対応している製品では、デジタル放送の録画も楽しむことができます。また、映画やドキュメンタリー、ドラマなど、様々な映像ソフトが市販されています。

■録画用DVDとデータ用DVD
データ用DVDは、PCでデータ(映像データ以外も)を保存、コピーする場合に使用します。 録画用DVDは、主にデジタル放送の録画、家庭用のDVD、BDデッキからコピーする場合に使用します。
※ デジタル放送はCPRMに対応しているディスクでないとコピーできない為、ビデオ用のDVDでないとコピーできません。

製品に関するお問い合わせ


日本総代理店 (株)アイ・オー・データ機器 Verbatim(バーベイタム)お問い合わせ窓口
  • TEL:050-3116-3022 受付 平日9:00-17:00 (土・日・祝日および休業日を除く)

三菱ケミカルメディア株式会社の製品一覧を見る[別窓表示]