掲載されているニュースについてのお問い合わせ先
三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室 電話:03-6748-7140

ニュースリリース
過去のリリース
ダウンロード
ニュースリリース
ニュースリリース 2006
平成18年5月29日
米国における機能性樹脂製造設備の能力倍増について
三菱化学株式会社
三菱化学株式会社(本社:東京都港区、社長:冨澤 龍一、以下「MCC」)の100%子会社である三菱ケミカルパフォーマンスポリマーズ社(本社:米国サウスカロライナ州、社長:小笠原 憲一、以下「MCPP」)は、「機能性樹脂」コンパウンド設備の増設を今般決定しました。能力は4,600トン/年で、完成・稼働時期は、2007年6月を予定しております。(工期短縮により完成・稼働時期の前倒しを検討中。)
MCPPは、2002年よりサーモラン(TPO「オレフィン系熱可塑性エラストマー」)を自動車用エアバッグカバー向け中心に北米市場で製造・販売してまいりましたが、年率二桁の伸びを示す旺盛な需要増に対応すべく、既存の第1系列(4,600トン/年)に加え、今回第2系列の設備増設を決定しました。今回増設される第2系列設備は、第1系列設備で製造していた非架橋型の「サーモラン」(TPO)に加え、自動車用内装シート材・モール類等用途で需要拡大が見込まれる「動的架橋型」熱可塑性エラストマー(TPV、商品名はTPOと同じく「サーモラン」)や、コンソールボックス等の自動車用内装部品用材料として評価の高いスチレン系熱可塑性エラストマー(TPS、商品名「ラバロン」)等、既に日本国内で実績のある他製品も製造可能な設備仕様となっています。これにより、お客様のニーズに応じたフレキシブルな生産体制を構築することができます。

MCCグループでは、自動車関連分野を重点市場領域と定めて、ポリプロピレンコンパウンド事業をはじめとする自動車向け高性能樹脂材料事業の拡大強化を図っています。MCCグループの集中事業である機能性樹脂事業も、本方針に則って事業拡大・強化を図っており、北米では、今回の増設に加え、数年後には更なる設備投資を計画しております。将来的には、欧州における設備投資も視野に入れて、グローバルな供給体制を構築することを検討してまいります。
以 上 
[本件に関するお問い合わせ先]
三菱化学株式会社 広報・IR室
TEL 03-6414-3730

back to top