掲載されているニュースについてのお問い合わせ先
三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室 電話:03-6748-7140

ニュースリリース
過去のリリース
ダウンロード
ニュースリリース
ニュースリリース 2006
平成18年4月10日
水島事業所オレフィン・アロマセンター設備増強対応について
三菱化学株式会社
三菱化学株式会社(本社:東京都港区、社長:冨澤 龍一)は、当社水島事業所(住所:岡山県 倉敷市、事業所長:梶原 泰裕)のオレフィン・アロマセンターにおいて、競争力強化のため原料多様化ならびに省エネルギー対応の設備増強を実施いたします。

今回の投資は、今後数年間需給のひっ迫による価格高騰の深刻化が予想されるナフサへの依存率を低め、コンデンセート、灯・軽油等の重質原料の使用を可能といたします。今回の対応により、昨年末に完工致しました鹿島事業所におけるオレフィン・アロマセンターでの原料多様化対応と同様、水島事業所でも運転モードの選択範囲を拡大することができ、よりフレキシブルな両センターの運営が可能となります。

具体的には、高効率分解炉を2炉増設し、あわせてエチレン製造設備の精製系及び芳香族製造設備の改造をいたします。また、更なる競争力強化を図るべく、蒸気タービンの改造・新たな熱交換器の設置等省エネルギー化対応工事も合わせて実施いたします。本省エネルギー化対応工事は、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)により2005年度「エネルギー使用合理化事業者支援事業」に採択されております。今回の設備増強工事の総投資額は約85億円の予定で、本年9月に工事着工し、2008年3月に完成の予定です。
なお、エチレンの生産能力は、重質原料を使用することより、現状と変わらない予定です。

※コンデンセート: 油田・ガス田から随伴される溜分で、ナフサに比べ比重が0.74前後と重く、超軽質原油の範疇に入るもの。
以 上 
[本件に関するお問い合わせ先]
三菱化学株式会社 広報・IR室
TEL 03-6414-3730

back to top