掲載されているニュースについてのお問い合わせ先
三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室 電話:03-6748-7140

ニュースリリース
過去のリリース
ダウンロード
ニュースリリース
ニュースリリース 2005
平成17年12月20日
「青色」有機EL用塗布型材料で世界最高効率の素子を開発
三菱化学株式会社
株式会社三菱化学科学技術研究センター
 三菱化学株式会社(本社:東京都港区、社長:冨澤 龍一、以下 三菱化学)と100%子会社である株式会社三菱化学科学技術研究センター(本社:神奈川県横浜市、社長:小林 喜光、以下 MCRC)は、このたび青色有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)用塗布型発光材料で、世界最高効率の素子の開発に成功いたしました。これにより大型ディスプレー用有機ELの実用化に向けた開発が、一段と加速されることになります。

 有機ELは、次世代ディスプレーのひとつとして期待されており、電流を流すと自ら発光するため、液晶のようにバックライトを必要とせず、斜めから画面を見る際の鮮明さを表す視野角が広く、画像の応答時間も液晶の一千分の一と速いなどの特徴があります。現在は携帯電話、カーオーディオ、携帯型音楽プレーヤーなどの表示画面に使われていますが、将来は液晶やプラズマに並ぶ薄型ディスプレー用途や、照明分野への応用も期待されています。

 MCRCでは、薄型で大画面ディスプレーの製造に適した有機EL材料として、塗布プロセスで形成できるリン光発光層を中心に、周辺材料の開発を進めてきました。リン光材料は、現在主流の蛍光材料に比べ原理的な発光効率が高く、消費電力を低く抑えることができます。また、塗布プロセスは、現在主流の真空蒸着プロセスに比べ、製造設備が簡便かつ材料の利用効率が高いため、有機ELパネルの大型化に適した製造方法です。

 今回開発に成功した有機EL素子は、私どもが独自に開発した青色塗布型リン光ホスト材料、正孔阻止材料と正孔注入材料を用いて素子設計を最適化することにより、輝度100cd/m2における電流効率30cd/A(外部量子効率13%)を達成し、従来の青色塗布型有機ELの2倍以上の効率を実現いたしました。

 三菱化学では、「革進−Phase2」計画における5つの研究開発重点事業のひとつとして、ディスプレー分野の材料開発を位置付けており、今回開発した青色有機EL用塗布型材料の長寿命化に向けて、更なる改良を加えて、2007年度末の実用化を目指してまいります。
 また将来は、同材料の照明分野への展開も検討してまいります。
以 上 
[本件に関するお問い合わせ先]
三菱化学株式会社 広報・IR室
TEL 03-6414-3730
株式会社三菱化学科学技術研究センター 総務部
TEL 045-963-3011
back to top