掲載されているニュースについてのお問い合わせ先
三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室 電話:03-6748-7140

ニュースリリース
過去のリリース
ダウンロード
ニュースリリース
ニュースリリース 2005
平成17年11月25日
山形大学−三菱化学、包括的研究協力実施へ
〜自動車分野等向け新規ポリマー材料の開発の促進〜
国立大学法人 山形大学
三菱化学株式会社
国立大学法人山形大学(本部:山形県山形市、学長:仙道 富士郎 以下「山形大学」という。)と三菱化学株式会社(本社:東京都港区、社長:冨澤 龍一 以下「三菱化学」という。)は、新規ポリマー材料の実用化に係る合成・改質技術、コンパウンド技術及び成形加工技術並びにそれらの解析技術の開発を主目的とした研究協力の推進について両者協議してまいりましたが、今般、具体的な研究テーマが決定し本年11月より本格的な研究をスタートさせます。

山形大学と三菱化学との包括的な研究協力の具体的な内容は以下のとおりです。

  (1) 三菱化学グループの研究プロジェクトのなかで、高機能・高性能ポリマー材料の開発と基盤技術の高度化について、平成22年3月まで当面5年間の予定で両者が提携し、研究開発を推進する。
  (2) 山形大学内に共同研究の場を設け、同大学工学部機能高分子工学科を中心とした研究者チームが当該プロジェクトに参画する。事務局は、同大学東京サテライトオフィス内に設置する。
  (3) 三菱化学は、山形大学に研究員を派遣するとともに研究資金を拠出する。

山形大学は、開学以前の1913年の人造絹糸発明から近年の有機エレクトロ・ルミネッセンス・デバイスの研究・開発等、一貫して産学連携を進め、特に研究成果の事業化・実用化を目的とする研究を推進してきました。特に機能性高分子材料の開発では、世界をリードしており、今後、さらに高機能・高性能な材料の開発を目指しています。今回の連携においては、これまでの産学連携の主流であった大学側にあるシーズと企業側のニーズをマッチングさせるという通常の枠組みをさらに押し進め、大学側からも積極的にテーマ提案をする枠(インキュベート枠)を設定し、山形大学全体の総合力を十二分に発揮できる環境を形成していきます。今回の連携により、山形大学は、今後機能性高分子材料開発のグローバルリーダー的存在として、社会に役立つ新素材開発の実現に寄与していきます。

三菱化学は、今年4月から始まった3年間の中期計画「革進-Phase2」の中で、『自動車用ポリマー材料』や『非枯渇資源(植物由来資源)』は、研究開発の重点対象と位置づけられています。今般の共同研究内容である高機能・高性能ポリマー材料の開発と基盤技術の高度化は、これらを実現する上で欠かせないキーテクノロジーとなります。また、三菱化学は、以前より産業技術総合研究所、カリフォルニア大学サンタバーバラ校、京都大学、東北大学、東京工業大学、山口大学、大連理工大学等との産学連携を積極的に推進し、研究開発の基盤強化を図ってまいりました。山形大学はその設立から新しい産業創生を目指した実学志向が強く、特に機能性高分子材料開発の分野では、世界的にも高いレベルにあり、実績もあることから、今回の研究協力により、『自動車用ポリマー材料』 『非枯渇資源』分野における三菱化学の研究開発の基盤が強化され、大きな成果を上げることが期待されます。

※インキュベート枠:新しいテーマを発掘させるための予備検討や調査用の予算枠
以 上 
[本件に関するお問い合わせ先]
国立大学法人山形大学 東京サテライト
TEL 03-5440-9071
三菱化学株式会社 広報・IR室
TEL 03-6414-3730
back to top